【ご招待】浅野忠信&二階堂ふみ登壇!『私の男』完成披露試写会に5組10名様

プレゼント

浅野忠信×二階堂ふみ『私の男』-(C) 2014『私の男』製作委員会
  • 浅野忠信×二階堂ふみ『私の男』-(C) 2014『私の男』製作委員会
〆切り:5月26日(月)

日時:6月2日(月)18:30開演
場所:新宿ピカデリー(東京・新宿)


奥尻島を襲った大地震による津波で家族を失った10歳の花は、遠い親戚と名乗る男・腐野淳悟に引き取られることになった。あまりの喪失感で堰を切ったように泣く花に、淳悟は「俺は、おまえのもんだ」と手を握る。彼らの生活をずっと見守っていた町の名士・大塩は、高校生になった花と淳悟のただならぬ関係に気づく。そのことを花に問い詰めた大塩は、ある日忽然と姿を消し、発見されたときには流氷の上で凍った状態。花と淳悟は人知れず暗い北の海から東京へ逃げた。ふたりだけの秘密を守るために、お互いを庇い合い暴走していく淳悟と花を待ち受けるものは――。

第138回直木賞を受賞し、40万部を超えた大ベストセラー小説にして、その過激なテーマと舞台設定から映像化不可能といわれ続けた桜庭一樹の代表作、待望の映像化『私の男』が6月14日(土)より公開される。憂いと影を帯びながらも、どこか優雅な男・淳悟を演じるのは、『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』『劔岳 点の記』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞をW受賞し、さらに『マイティ・ソー』でハリウッドデビューまで果たした浅野忠信。孤児となり淳悟に引き取られる少女・花を演じるのは、『ヒミズ』でヴェネチア国際映画祭最優秀新人賞を受賞し、その後も『悪の教典』『渇き。』と日本映画界でもその存在感を増している二階堂ふみ。運命的ともいえる2人のキャスティングに、『莫逆家族 バクギャクファミーリア』『夏の終り』などでその緻密な心理描写と美しい映像表現が国内外で高く評価されている熊切和嘉監督が掛け合わさって究極のサスペンス・ラブストーリーが完成した。こちらの公開に先駆けてキャスト&スタッフが登壇する『私の男』完成披露試写会に5組10名様をご招待。

※当日は浅野忠信さん、二階堂ふみさん、高良健吾さん、藤竜也さん、熊切和嘉監督が登壇する予定です。予定は急遽変更となる場合がございますので、予めご了承くださいませ。

送信
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top