ジャスティン・ビーバー、パパラッチに訴えられる

最新ニュース

ジャスティン・ビーバー-(C) Getty Images
  • ジャスティン・ビーバー-(C) Getty Images
  • ジャスティン・ビーバー-(C) Getty Images
  • ジャスティン・ビーバー
ジャスティン・ビーバーがパパラッチに訴えられた。この訴訟の中でカメラマンのマニュエル・ムノズは、1月にマイアミ・ビーチにあるSETナイトクラブを立ち去るジャスティンの写真を撮っていたところ、ジャスティンのボディガードのドウェイン・パターソンから近くのサブウェイまで追いかけられたと主張し、損害賠償を求めている。

ジャスティンが飲酒運転で警察に止められたわずか数時間後のこの出来事についてムノズは、パターソンはサブウェイの入り口に鍵をかけ、トイレまで追いつめられた挙句、写真の削除を要求されただけでなく、その記録を「無理やり」削除しようとして殴る蹴るの暴行を加えられ、その過程の中でカメラを壊されたのだという。

一方で、「TMZ」が所有する警察の報告書によれば、ムノズは殴る蹴るの暴行を加えられたとは口にしておらず、転んで「左ひざに小さなすり傷」を負ったとだけしていたという。また、その報告書にはムノズがパターソンに1万ドル(約100万円)で渡すと持ちかけたところ、パターソンは5,000ドル(約50万円)以上は支払わないと拒否したとも記述されている。

ジャスティンの弁護士を務めるハワード・ウェイツマン氏は、ジャスティンがこの件に一切無関係であり、「お金のたかり」であるとしている。「今回のパパラッチからの訴訟はまたお金を求めたたかりです。このパパラッチはその『暴行』の現場にジャスティンがいなかったことを認めています。それに警察にはつまずいた時に膝をすりむいただけと言っていたのに、いまになって暴行されたとしているんです。被害はありませんよ」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top