小泉孝太郎、再び杉村三郎を熱演!宮部みゆき原作の新ドラマ『ペテロの葬列』

最新ニュース

TBS系列にて7月7日(月)よりスタートする新ドラマ『ペテロの葬列』(毎週月曜20時より放送・初回は19時より2時間スペシャル)にて、小泉孝太郎が主演を務めることがわかった。

本作は、2013年7月期に同枠で放送された連続ドラマ「名もなき毒」に続く、宮部みゆきの人気小説「杉村三郎シリーズ」の映像化第2弾。2013年12月に刊行された同名小説が原作となっている。

引き続き小泉が演じるのは、愛妻家で子煩悩の、ごく平凡なサラリーマン・杉村三郎。巨大コンツェルンのお嬢様と結婚し逆玉の輿に乗り、義父が会長を務める企業の広報室で社内報を編集している。小泉は「前作の撮影が終わっても、僕の中に杉村が居続けていたような気がしたので、1年ぶりに杉村を演じられることを幸せに思います。前作から少したくましくなった杉村、変わらないようで少し変わった、変わったようで少しも変わらない杉村をお楽しみに」と意気込んでいる。また、作品のタイトルとなっている“ペテロ”とは、イエス・キリストの12使徒の一人でありながらキリストを裏切ったとされる人物。しかしその後、自身の言動を恥じて真実を述べ、各地で説教を行うようになった。小泉はこれについても「タイトルの意味を、僕も視聴者の皆さんと楽しもうと思います」とコメントを寄せている。

ドラマでは、杉村が取材の帰りに遭遇したバスジャック事件をきっかけに謎が謎を呼び、様々な事件が展開されていく。原作の宮部は「今回は、杉村の人生に大変なことが起こります。単行本の仕上げの時はキャストの方々の顔が目に浮かび、申し訳なくて筋書きを変えようと思いました。小泉さん演じる杉村さんが、どのように事件を乗り越えてくれるのかをドキドキしながら見守りたいと思います」と、ドラマの展開に期待を寄せる。鈴木早苗プロデューサーも「単なる犯人探しではなく、事件の裏側に潜む人間の心の闇を追っていく、大人のための極上ミステリーです」と自信を見せている。

■月曜ミステリーシアター『ペテロの葬列』
2014年7月7日(月)スタート
毎週月曜20:00~(TBS系列)
(初回は19:00~2時間スペシャル)

【出演】小泉孝太郎 ほか


関連リンク
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top