ポール・マッカートニー、来日ツアーの全公演をキャンセル

最新ニュース

ポール・マッカートニー-(C) Getty Images
  • ポール・マッカートニー-(C) Getty Images
  • ポール・マッカートニー-(C) Getty Images
  • ポール・マッカートニー-(C) Getty Images
ポール・マッカートニーが体調不良のため、来日ツアーの全公演をキャンセルした。先日ウィルス性炎症により「アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2014」の東京の国立競技場公演の延期をしていたポールだが、今回は1996年にビートルズとして初ツアーを敢行した際にも訪れた日本武道館と大阪のヤンマー・スタジアムでの公演もキャンセルすることになった。ポールのサイトに投稿されたメッセージには、医師団から「休養に専念」するように言われたと書かれている。

プロモーターを務めるキョードー東京は「ポール・マッカートニー本人の体調の回復を待ったものの、十分な演奏を行うまでに回復しないという事情で、5月21日(水)日本武道館公演、及び5月24日(土)ヤンマースタジアム長居公演も含めた全ての公演を、正式に中止とさせていただきますことをご報告致します」と声明を発表している。

ポールは、キャリアを通じて、わずかな公演しか延期する必要があったことがなく、ファンをがっかりさせるのが嫌いなため、この状況に気を落としていると言われている。ポールの公式サイトには「ファンのみなさんからの愛、励ましのメッセージに感謝しています」「僕はとても感激しています。残念ながら僕の体調は一晩で回復するものではありませんでした。今日調子が良くなっていることを心から願っていました。ファンのみんさんを失望させたことにとてもがっかりしていますし、申し訳なく思っています」と書かれている。

ポールは今後、28日に韓国のソウルでのコンサートが予定されており、その後はアメリカでの19公演が控えている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top