鈴木砂羽、父親との抱擁を「男性とハグ」とツイートされおかんむり!

最新ニュース

川島海荷&近藤芳正&鈴木砂羽&志保&札内幸太&藤田弓子/ショートフィルム『ソラノネ』完成披露上映会
  • 川島海荷&近藤芳正&鈴木砂羽&志保&札内幸太&藤田弓子/ショートフィルム『ソラノネ』完成披露上映会
  • 鈴木砂羽/ショートフィルム『ソラノネ』完成披露上映会
  • 川島海荷&近藤芳正&鈴木砂羽&志保&札内幸太&藤田弓子&中茎強監督&松延晋さん&別所哲也&LiLiCo/ショートフィルム『ソラノネ』完成披露上映会
  • 川島海荷/ショートフィルム『ソラノネ』完成披露上映会
  • 別所哲也/ショートフィルム『ソラノネ』完成披露上映会
  • LiLiCo/ショートフィルム『ソラノネ』完成披露上映会
東京スカイツリーが5月22日(水)に開業2周年を迎え、スカイツリーをテーマに一般からエピソードを募集して撮影されたショートフィルム『ソラノネ』が完成。同日、地上350mの展望台にて披露上映が行われ、主演の川島海荷らが出席した。

本作はアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF&ASIA)のスカイツリーを運営する「東武タワースカイツリー株式会社」が共同で、一般から応募したスカイツリーにまつわるエピソードを原作に制作。母が突然、家からいなくなったのをきっかけにバラバラだった家族がもう一度自分たちの繋がりについて考えるさまが描き出される。

この日は主演で一家の次女を演じた川島海荷に加え、父親役の近藤芳正、母親役の鈴木砂羽、長女役の志保、長男役の札内幸太、祖母役の藤田弓子、中茎強監督、そして500を超える応募の中から自身のエピソードが見事に本作の原作に採用された松延晋さん、さらにSSFF&ASIAの代表を務める別所哲也、映画祭アンバサダーのLiLiCoも出席した。

川島さんは撮影で展望台に昇ったのがスカイツリー初体験だったそうで、「最初に昇ったときは曇ってて、(撮影が)中止になったんです。真っ白でまるで景色が見えず、2回目への期待が高まったんですが、2回目は期待を超える景色が見られました!」と満足そうにふり返る。

作品を観て「家族に会いたくなった」とも。自身の家族とのエピソードを尋ねられると「最近、母の日のために母とちょっと高価なイタリアンランチを食べて、サプライズで『おかあさんありがとう』と書いたプレートを用意してもらったんです。そういうことができるようになった自分がいて良かったです」と笑顔を見せた。

鈴木さんは「昔は『こんな大きな娘いないし!』と思ってたけど、最近は『可愛いな』と思う。違和感がなくなってきました」と母親役がしっくりくるようになったよう。一方で、自身の家族とのエピソードに関しては、上京した父親と食事をし、ホテルまで送って別れの際に再会を約束して抱擁を交わしたところ「ツイッターで『鈴木砂羽、酔っぱらって男性とハグ』って書かれた」と明かし、「そっくりだから親子って分かるでしょ(苦笑)!」と嘆いていた。

監督は本作について「(松延さんの)エピソードが素晴らしかった!」と称賛し、特に映画の中で、スカイツリーから景色を見ながら近藤さんと鈴木さんが寄り添うシーンを「キュンと来ました」と見どころとして強調。

松延さんはこの日、地上350メートルの展望台でキャスト陣と初めて顔を合わせ「ビックリです」と緊張気味。「キャストのみなさんが素晴らし過ぎて現実とは違うんですが」と言いつつも、自身のエピソードが映画化されたことを喜んでいた。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は5月30日(金)より開催。映画祭期間中、本作も上映される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top