どぶろっく・江口、売れっ子になって都内に引っ越しを決断できるのか!? 『バナナマンの決断までのカウントダウン』

最新ニュース

人生における重大な決断をした有名人の心の動きをカウントダウン形式で掘り下げていく、バナナマン(設楽統、日村勇紀)がMCを務めるフジテレビのバラエティー番組『バナナマンの決断までのカウントダウン』(毎週金曜23:00~)。5月23日の放送では、ゴールデンボンバー・歌広場淳と妄想歌ネタで大ブレイク中の芸人・どぶろっく(森慎太郎・江口直人)がゲスト出演する。

まず、若者に大人気の4人組ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの歌広場淳の「秋葉原に店を出す決断」を紹介。歌広場は秋葉原のメイド喫茶が大好きということで、秋葉原という場所を選択し、昔は青果市場として栄えていた歴史を知り、フルーツパーラー店を出すことを決めた歌広場。しかし、今年3月、秋葉原で開店したばかりのフルーツパーラーを1年で閉店させ、全く同じ店の2号店を隣にオープンするという、驚くべき決断をした裏側が明かされる。店の経営が軌道に乗らず苦悩していた時、リーダーの鬼龍院翔からの“ある一言”がきっかけで新たな一歩を踏み出したという。一体、歌広場はどんな決断を下したのか?

そして、「もしかしてだけど」という妄想歌ネタで子供から大人までの人気を集める芸人・どぶろっくが登場。売れっ子芸人となった江口が都内に引っ越しをするにあたり、理想の家を見つけるまでの決断に密着。都内のオススメ物件を見学していく江口だが、あるポイントにこだわり、なかなか決断を下さない。VTRを見るバナナマンや平成ノブシコブシの吉村崇から、「ここ安いよ!」「何で決めないの!?」と突っ込みが入るなか、果たして江口は引っ越し先を決断することは出来るのか? バナナマンからのリクエストに応え、パターンを変えた“女性”に関する歌にも注目だ。

■『バナナマンの決断までのカウントダウン』
毎週金曜23:00~23:30(フジテレビ系列)
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top