【MOVIEブログ】『GODZILLA』と『ゴジラ』

最新ニュース

TM&(c)TOHO CO.,LTD.
  • TM&(c)TOHO CO.,LTD.
ハリウッド版の『GODZILLA』(ゴジラ)が現地で公開されて話題になっています。

公開週末3日間の興行収入は9,300万ドル(約94億3,000万円)とのことで
見事ナンバー1を飾り、大ヒットスタートの咆哮をあげました。アメリカの映画事情はあまり詳しくはないのですが、大体初登場の週末で6,000万ドルを超えると大ヒットと言われてるようなので9,000万ドルは見事だと思います。
日本発のキャラクターの映画がこのように世界を席巻するのは、何とも嬉しい限りです。

ちなみに、僕が会社に入って2年目(98年)の時に
ローランド・エメリッヒ監督の『GODZILLA』があって
その時はTVパブリシティ担当として
New Yorkでのワールドプレミアにも行ったりしてました。
社内で今回のニュースを耳にして
その時のことを懐かしく思い出しました。
当時の『GODZILLA』は守秘義務が厳しくて、
担当の僕もNew Yorkで初めて映画を観たものです。
(そして、とても落胆しました…)

今回の「レジェンダリーゴジラ」(社内でこう呼ばれています)は
日本のオリジナルへのリスペクト度が高いみたいで
観た人の評価も上々のようでナニヨリです。
「トライスターゴジラ」(社内でこう呼ばれています)の時にアメリカで驚いたのは
アメリカ人のゴジラへの想いというものが
こちらの想像以上に熱いということでした。
NYでのワールドプレミアの後に観た人の感想を色々と訊いていたら
オリジナルと違う、残念だ…という意見が本当に多くて
宣伝担当としては寂しかったですが
日本人としては何だかちょっと嬉しかったものです。
そういう意味では、今回のレジェンダリーゴジラは
アメリカのファンにも好評のようなので、
東宝社員としても、日本人としても嬉しいですね。
日本ではどうなるか?

僕も早く観たい!です。


【2014.5.26】
《text:Yusuke Kikuchi》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top