サッカー選手になる夢を叶えたい!15歳の少年、ガーナへ移住覚悟の里帰り『ホムカミ』

最新ニュース

日本で頑張る外国人たちの里帰りに同行し、故郷の良いところをアピールしてもらうお国自慢バラエティ『ホムカミ~ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り~』(MBS/TBS系ネット、毎週日曜22:00)。6月1日(日)は、ガーナと日本のハーフである15歳の少年が、サッカー選手になるためにガーナへ里帰りする様子に密着する。

今回の“ホムカミさん”は、ガーナ出身の父親と日本人の母親を持つ日本生まれのハーフ、アニンタ君(15歳)。アニンタ君の夢は、サッカー大国・ガーナでプロサッカー選手になることだ。小さな頃からサッカーを続けてきたアニンタ君だが、実は7歳の時に股関節に関わる難病を患ってしまい、夢を諦めかけたことがあるという。病気のせいで一時は性格も変わってしまったアニンタ君だが、過酷なリハビリを経て11歳で病を克服。現在は、再び夢を追いかけている。

今回アニンタ君は、ガーナにあるプロサッカー選手養成学校「フェイエノールト・アカデミー」の入学試験を受けるため、父親のジャバさんと親善大使の石田卓也を連れて、10年ぶりに里帰りをする。同校はオランダの強豪サッカーチーム「フェイエノールト」が運営しており、アフリカ全土から優秀なサッカー少年たちが集まっている。アニンタ君は、試験に受かれば、そのままガーナに移住する覚悟で現地に渡る。

受験者はアニンタ君ひとりという今回の試験は、先輩選手に混ざって試合形式で行われる。アニンタ君は、いとこのユセフ君(18歳)が花型選手として活躍する地元サッカーチームの練習に参加し、試験当日まで猛特訓することに。しかし、周囲のレベルの高さに気後れしてなかなか実力が発揮できない。ユセフ君から「同じ血が流れているのだから絶対合格できる!」と励まされながら、練習を続けるアニンタ君。果たして、試験の結果は?

■『ホムカミ~ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り~』
2014年6月1日(日)22:00~22:54(MBS/TBS系ネット)

【MC】さまぁ~ず
【進行】SHELLY
【ゲスト】松嶋尚美、ボビー・オロゴン
【親善大使】石田卓也

関連リンク
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top