カール・ラガーフェルド、ニューバランスから盗作疑惑で訴えられる

最新ニュース

カール・ラガーフェルド-(C) Getty Images
  • カール・ラガーフェルド-(C) Getty Images
  • カール・ラガーフェルド
  • カール・ラガーフェルド-(C) Getty Images
カール・ラガーフェルドが「ニューバランス(New Balance)」から訴えられている。カールは同シューズブランドの代表的なデザインを盗作しているとして訴訟を起こされたという。

「TMZ」が入手した書類によるとニューバランスは、カールが使用している白と黒の靴に大文字の「K」をあしらったデザインが、ニューバランスのトレードマークロゴ「NB」を使用した同じようなデザインと「区別がつかない」と主張しているという。

さらに、1906年に創業したニューバランスは70年代からこのデザインを使用しており、「待てよ。カール・ラガーフェルド、ニューバランスのスニーカーをパクった?」というダイレクトなタイトルをつけたものを含め、いくつかのファッション記事においてもその類似性が指摘されていると主張しているようだ。

今回のように主要ブランドがフットウェアのデザインの盗作を巡って裁判沙汰に発展することは珍しいことではなく、2013年には「グッチ(Gucci)」が「ゲス(Guess)」に対し、グッチのロゴをフットウェア・ラインで使用したとし、偽造、不正競争、商標権侵害で4年間も法廷で争った後、敗訴している。また、2012年には「イヴ・サンローラン(YSL)」が「クリスチャンルブタン(Christian Louboutin)」と赤い靴底の使用権に対する商標権保護を巡って壮絶なバトルを繰り広げた後、結局は訴訟が取り下げられていた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top