ケヴィン・スペイシー、『007』シリーズ最新作出演のうわさを一蹴

最新ニュース

ケヴィン・スペイシー-(C) Getty Images
  • ケヴィン・スペイシー-(C) Getty Images
  • ケヴィン・スペイシー
ケヴィン・スペイシーが『007』シリーズ最新作への出演のうわさを一蹴した。 同シリーズの続編に悪役での出演がうわさされているケヴィンが世間の憶測に対して、台本すら目にしたこともないと宣言した。

「BBC」のインタビューでケヴィンは「なぜ私が出演するという記事が出回っているのか分からないよ。台本を読んだことないし。私は『007』の続編にはでないよ。絶対に」「誰がこのうわさを始めたのか分からないけど。やめて欲しいね」と語った。

これに対してインタビュー担当者が「(監督の)サム・メンデスだと思うけど」と冗談を言うとケヴィンは「それは絶対ないね。もしメンデスが私を起用したかったらすでに役をくれているはずだからね。私にできる役があるのかさえ分からないよ」と答えた。

仮のタイトル『ボンド24』とつけられている同シリーズ24作目となる続編はダニエル・クレイグがボンド役で続投し、ジョン・ローガンの脚本をもとにサム・メンデスがメガホンを握ることになる。

そんなケヴィンは今年は『モンスター上司』の続編とナレーションを務めたドキュメンタリー『Unity』(原題)の公開を控えている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top