「超新星」ユナク、ラブシーンに苦悩! 「アイドルとしてどうなのか?」

最新ニュース

ユナク(超新星)/『無花果の森』初日舞台挨拶
  • ユナク(超新星)/『無花果の森』初日舞台挨拶
  • ユナク(超新星)&原田夏希/『無花果の森』初日舞台挨拶
  • ユナク(超新星)/『無花果の森』初日舞台挨拶
  • ユナク(超新星)&原田夏希&古厩智之(監督)&MiNo(主題歌担当)/『無花果の森』初日舞台挨拶
  • ユナク(超新星)/『無花果の森』初日舞台挨拶
  • 原田夏希/『無花果の森』初日舞台挨拶
  • ユナク(超新星)/『無花果の森』初日舞台挨拶
直木賞作家・小池真理子の小説を韓流グループ「超新星」のユナク主演で映画化した『無花果の森』が6月14日(土)に公開。ユナクさんを始め、古厩智之監督、共演の原田夏希、主題歌を担当したMiNoらが登壇しての舞台挨拶が都内劇場で行われた。

ユナクにとっては、日本映画への初の単独主演となる本作。日本への留学経験を持つ韓国人のパパラッチの青年・ヨンホと、彼がかつて追いかけていたDV事件の被害者である、世界的指揮者の妻・泉が偶然に再会する。警察に追われる身となったヨンホと夫の暴力から逃げようとする泉は少しずつ心を通わせていくが…。

ユナクは「昔から日本映画が大好きだったので、台本が届いたときは嬉しかった」と語るが、オファーを受けるか否かでは意外な部分で不安も…。

「夏希さんとの絡みもあって、アイドルとしてはどうなんだ? と…(苦笑)。年はアイドルじゃないですけど(笑)、アイドルとしてどうすればいいのか? と悩みました。でも監督が『いい作品になるから信じて』と言ってくださって、信じてやりました」と語った。

古厩監督は、ユナクとの初対面での会話について「確かに『信じて』と言ったけど、その時まではどうなるか全然分からなかった。でも、(ユナクに)会いに行ったらすごくいいヤツで(笑)、熱意があって、こいつならできると思った。あとは役そのものをユナクに近づけていきました」とまさにユナクと心中する覚悟で本作に臨んだと明かす。

ユナクはまた全編日本語でのセリフ、パパラッチという役柄にも全力でぶつかった。「不安はいっぱいありましたよ。すべて日本語でしたし。でも日本語の発音についても勉強し、努力しました。記者の気持ちについても、韓国や日本で知り合いの記者の方に会って話をしたり、どんな悩みを持っているかを聞きました」と徹底的な役作りでヨンホを作り上げていったことを明かした。

特に撮影で印象に残っているのは、人物の気持ちを継続的に映し出すために用いられる長回しの手法。「韓国ではあまり長回しはないので、勉強にもなったし、日本映画を撮っているという気持ちになりました」と感慨を口にする。

「日本の素晴らしいスタッフ・俳優のみなさんと映画が撮れて嬉しかったし、また機会があればやりたい。もっともっと頑張って、いいヤツになりたい」と語り、会場は拍手と歓声に包まれた。

『無花果の森』はシネマート新宿ほか全国にて順次公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top