向井理主演ドラマ『永遠の0』に歌舞伎役者・尾上松也が出演決定!

最新ニュース

累計販売530万部を突破した百田尚樹のベストセラー小説「永遠の0」が、2015年にテレビ東京にてドラマ化。向井理が主人公の零戦パイロット・宮部久蔵を演じ、戦時中を生き抜いた人々の人間模様を3夜にわたる壮大なスケールで描いていく。この度、戦時中の景浦介山役として歌舞伎役者・尾上松也の出演が決定した。

尾上演じる景浦は、二飛曹としてラバウル基地で飛曹長の宮部とともに過ごした凄腕の零戦パイロット。宮部を「殺したいほど憎んでいた」が、鹿屋基地で特攻に行く宮部と再会する。そして戦後、暴力団幹部になるという役柄だ。尾上が本格的に現代ドラマに出演するのは初めてで、自身初となる丸刈り頭の役で出演する。

景浦というキャラクターについて、尾上は「景浦の過去などは描かれずにとにかく宮部を憎みねたんでいる、というキャラクター設定なので、彼の今までの生き様、今後の生き様に繋がっていくような芝居ができたらなと。ただ、宮部を憎くて殺したいということだけでなく、実は宮部への憧れがあるような複雑な思いを景浦は抱えていると思うので、そういう心情も表現できたらと思っています。ただのチンピラではないので、景浦としてただ威勢を貼るだけではなく、その中にその繊細さを出せるようにと思っています。男気もあり、複雑な思いを抱えた人間ですから」と演じるにあたっての心構えを明かし、向井理との共演については「初めて共演させて頂いたんですけど、眼を見るだけで、その思いというのが伝わってきますね。こっちも引っ張られます。そういうお芝居をされる役者さんなので改めてすごいと思いました」と語っている。さらに、このドラマで描かれる戦争というテーマに関して「僕は戦争を経験していない世代で、平和な日本に生まれていますが、戦争があったという事実を決して忘れちゃいけないなと思います。同じ過ち、争いを繰り返さないためにも、このドラマを通じて戦争を知らない世代に伝えていくことが非常に大事なことじゃないかと。なので、僕らが役者として演じさせて頂くことには責任を伴うと思います。また、そこで生きてきた人物、登場人物でいうと宮部久蔵などがいますけど、それはほんの一部であって、フィーチャーされているだけだと思います。他にも数え切れないことがあったと思うので、戦争を経験した人にも観てほしいです。そして、その重みを若者にも伝えてほしいです」とコメントを寄せている。

同ドラマの阿部真士プロデューサーも「景浦役を演じる俳優さん選びには本当に悩みました。 景浦という役には野性味が必要です。そして、同じ零戦パイロット・宮部久蔵への強烈な憧れと、その裏表の関係から来る嫉妬と憎悪を表現して貰わなければならないと思ったからです。さらに言えば、演じる以外の“人間的な強さ”が欲しいとプロデューサー陣は考えていました。その全てに答えられる方が尾上松也さんです」と抜擢の理由について説明し、「歌舞伎界という伝統に裏打ちされた人間力とオーラを初めてお会いしたときに感じました。複雑極まりないキャラクターを演じ切って頂けると期待しています」と、その演技に期待を寄せている。

[あらすじ]「娘に会うためには何としても死ねない」――誰よりも生きることに執着し続けた男は、太平洋戦争の終戦間際、なぜ自ら零戦に乗り込み、特攻隊員として命を落としたのか……。終戦から60年目の夏、フリージャーナリストの姉・慶子と司法浪人生の弟・健太郎は、会ったことのない戦死した実の祖父・宮部久蔵(向井理)の生涯を調べていた。祖父と戦争時代を共にした老人たちが語る宮部の人物評は、「臆病者」、「卑怯者」といった酷い内容ばかり。何よりも命を惜しむ人間だったのだ。しかし一方で、彼は天才的な操縦技術を持った零戦パイロットだったという。取材を進めていくうちに、次々と浮かびあがる宮部久蔵の人物像に戸惑う慶子と健太郎。そして、なぜ宮部は生還を強く望んだにもかかわらず、終戦間際に特攻隊員として命を落としたのか? その最大の謎を追っていくうちに、2人はある真実を知ることとなる。

■開局50周年特別企画 スペシャルドラマ『永遠の0(ゼロ)』
2015年 3夜放送(テレビ東京系列)

【出演】向井理 ほか
【原作】百田尚樹「永遠の0」(太田出版 刊)
【監督】佐々木章光
【脚本】櫻井武晴

関連リンク

《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top