タイの行列のできるカオマンガイの専門店、日本初上陸! 7月渋谷にオープン

最新ニュース

タイで圧倒的人気の“カオマンガイ”専門店“カオマンガイ”専門店「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」が海外初出店となる「ガイトーンTokyo」を7月11日(金)に東京・ 渋谷(東京都渋谷区渋谷3-15-2)にグランドオープン。
  • タイで圧倒的人気の“カオマンガイ”専門店“カオマンガイ”専門店「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」が海外初出店となる「ガイトーンTokyo」を7月11日(金)に東京・ 渋谷(東京都渋谷区渋谷3-15-2)にグランドオープン。
  • メニューは、カオマンガイのみ。カオマンガイセット 850円~(カオマンガイ+ソムタム〈パパイヤサラダ〉+ドリンク+デザート)
  • 「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」は、従業員のピンクのポロシャツがトレードマークで、「ピンクのカオマンガイ屋」として現地でも広く知られ、日本人観光客にも人気。
タイで圧倒的人気の“カオマンガイ”専門店「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」が海外初出店となる「ガイトーンTokyo」を7月11日(金)、東京・渋谷にグランドオープンする。

「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」は、タイの大衆料理として屋台や食堂で親しまれているカオマンガイの専門店。1960年にタイ、プラトゥーナムで現社長の両親が創業し、今年54年目を迎える。本国のタイで一日中行列ができるほどの人気で、日本人観光客からも人気のお店だ。

カオマンガイの「カオ」はご飯、「マン」は油、「ガイ」は鶏肉を意味し、鶏肉を茹でて出ただしスープで炊いたご飯に、茹でた鶏肉と特製のソースをかけて食べる料理。日本では、「海南鶏飯」として知られ、シンプルな盛り付けの中に、奥の深いダシの味が浸みていて、日本人の口にもあうタイを代表する料理だ。

日本初上陸となる「ガイトーンTokyo」は、店舗スタッフは、トレードマークのピンクのポロシャツを着用。10卓20席の店内はバンコクの屋台をそのまま再現しており、本場の食堂でカオマンガイを食べているようなムードを楽しむことができる。メニューは、こだわりのカオマンガイのみだ(カオマンガイセット 850円~)。営業時間は、11時~23時(ラストオーダー 22時半)。または鶏飯がなくなり次第終了となる。テイクアウトも可能。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top