ヴィヴィアン・ウエストウッド、客室乗務員の制服をデザイン

最新ニュース

ヴィヴィアン・ウエストウッド -(C) Getty Images
  • ヴィヴィアン・ウエストウッド -(C) Getty Images
  • ヴィヴィアン・ウエストウッド -(C) Getty Images
  • ヴィヴィアン・ウエストウッド -(C) Getty Images
ヴィヴィアン・ウエストウッドがヴァージンアトランティック航空の客室乗務員の制服をデザインした。ヴィヴィアンは2日(現地時間)、ロンドンで開かれたヴァージンアトランティック30周年の記念パーティーで、スタイリッシュで環境に優しいというその制服を発表した。

同航空会社のトレードマークカラーである赤を基調にしたこの制服はペットボトルをリサイクル利用したポリエステル製で、ヴィヴィアンの最も代表的な作品数点からアイデアを得ているという。洗練されたデザインだけでなく、機能的でもあるというジャケットは、ヴィヴィアンの90年代の代表作「ヴェティーナ」を彷彿させるもので、そのデザインに合わせた赤のペンシルスカートがコーディネートされている。

男性乗務員用の制服はロンドンの高級紳士服の仕立て屋街サヴィル・ロウをイメージして作られたという、ボルドーのオックスフォード織りウールを使用したスリーピース・スーツになるとメールオンラインが伝えている。

7,500人以上のヴァージンアトランティックの客室乗務員は、9月から1セット計22点になるというこの新しい制服を着て空の旅をサポートすることになる。ヴァージンアトランティック航空は「(ヴィヴィアンは)我々の事業全てに渡る制服デザインの一新をするにあたって、最適な人でした」「この長期的なパートナーシップがこれらの人々を素晴らしく革新的なコラボレーションへと導いてくれることと思います」とコメントしている。

その記念パーティーにはマーク・ロンソン、マット・スミス、ナオミ・ハリスなどのセレブも出席していたようだ。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top