どん底の諸星和己と丸山茂樹の知られざる友情を大公開!『内村とザワつく夜』

最新ニュース

7月22日(火)放送の『内村とザワつく夜』(TBS系列)は、“夏よりアツい炎の友情スペシャル!”と題し、厳しい芸能界の中で、固い友情で結ばれた仲の良い芸能人たちのエピソードを紹介。諸星和己と丸山茂樹をゲストに招き、アイドルとして絶頂期からどん底へと落ちた諸星と、日本ゴルフ界のトップに立った丸山の友情秘話が明かされる。

10代の頃に知り合った諸星と丸山。アイドルグループ光GENJIとして人気の絶頂期を迎えていた諸星は、1歳年上で、アマゴルフのチャンピオンとして脚光を浴びていた丸山のことを「まる」と呼び、丸山もそんな後輩のことをかわいがっていた。しかし、光GENJIが解散し、諸星は芸能界の頂点からどん底へと一気にすべり落ちることに。それまで、まわりを囲んでいた大人たちが次々に目の前から去っていく中、ずっと変わらずに一緒にいてくれたのが丸山だった。

スタジオトークで諸星は、「自分が天狗になっていることに気がついていた」とアイドル時代に抱えていた苦悩を打ち明ける。一方、丸山は、「17時にご飯を一緒に食べる約束をしたが、諸星が夜7時と間違えてその日はキャンセルになったことがあったが、その後、諸星はわざわざその店に行って謝っていた」と、イメージとは違う真面目な一面を暴露。そのほかにも仕事への取り組み方や、収録後の共演者へのフォローなど、親友だからこそ知る素顔の諸星の姿を明かしていく。そんな丸山のコメントに対して、諸星は慌てて「営業妨害だよ!」とツッコミを入れるなど、仲の良さを見せる。しかし、再現VTRでは諸星の投稿で「親友 丸山茂樹の良いところ」を公開。これには丸山も……!?

そのほか、スタジオには4組の仲良し芸能人が大集結し再現VTRやトークを展開。収録終わりには必ず一緒に食事に行くという大の仲良しの柳沢慎吾と島崎和歌子は、番組共演があると2日前から「楽しみだね!」とメールでやりとりが始まり、気がつけばエンドレスに……!? そして、お互い熊本出身で、地元では伝説の野球少女だったというプロゴルファーの古閑美保と、そんな古閑に憧れていたという野球の片岡安祐美が登場。恋愛中の古閑が「超乙女キャラ」と明かす片岡に対して、古閑は「いい子過ぎる!」とアネゴ肌な一面を見せる。

また、「ハモネプ」で共演して以来、仲良くなったという、えなりかずきとニッチェ。ニッチェの単独ライブに必要な幕間のVTRにえなりがノーギャラで出演してくれたというエピソードや、飲み会でも絶対に終電で帰ろうとするえなりの素顔を伝える。さらに、『S1』のオーディションで出会った中村アンと小島瑠璃子。大きな覚悟を持ってオーディションに向かった中村の前に現れたのが、天真爛漫な小島だった。その後、スタッフを通じて仲良くなり、今では一緒にディズニーランドに行く仲だという2人。「早く『S1』の初代を降りて2代目に譲って欲しい」とぶっちゃけつつ、「小島のプロ意識が高すぎる」と言う中村だが、小島にも悩みが……!?

本当に仲の良い親友だからこそ語ることのできる相手の魅力やプライベート情報、暗黙のルールなど、とっておきのエピソードの数々を披露する今回の『内村とザワつく夜』。スタジオで見せるそれぞれの素の表情にも注目だ。

■『内村とザワつく夜』
2014年7月22日(火)21:00~21:54(TBS系列)

関連リンク
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top