『おやじの背中』高視聴率でスタート!第2話は役所広司と満島ひかりが父娘役で共演

最新ニュース

7月13日(日)にスタートした日曜劇場『おやじの背中』(TBS系列)が15.3%という高視聴率で好発進した。また7月20日(日)放送の第2話「ウエディング・マッチ」では、役所広司と満島ひかりが元プロボクサーの父と、彼の指導を受けて幼い頃からオリンピック出場を目指す娘を体当たりで熱演する。

10人の脚本家と10組の女優で10の物語を贈るこのドラマの初回を飾ったのは、田村正和と松たか子の出演で、2人だけで静かに暮らす親子を描いた「圭さんと瞳子さん」。東京の郊外で父と娘がお互いのことを心から思いやりながら日常を重ねる物語を、岡田惠和が書き下ろした。

八木康夫プロデューサーは、「1時間の単発ドラマという形式を知らない方が多い昨今、どのように受け止めていただけるか不安もありましたが、正直ほっとしています。ホームページの書き込みも肯定的な意見を多くいただきました。視聴率だけでなく、このようにご覧になった方の反応を知ることができて、十分手応えを感じることができました。家族でドラマをご覧になるきっかけになれば幸いです。2話以降もご期待ください」と語った。

[第2話あらすじ]元プロボクサーの 草輔 (役所広司) と娘の誠 (満島ひかり) は、誠が小さい頃からボクシングのオリンピック出場を目標に二人三脚で歩んできた父子。年頃になった誠が恋をすれば草輔がことごとく邪魔をし、誠はそんな父に反発しながらも普通の女の子の楽しみは諦め、トレーニングに励んできた。ところが草輔には娘よりも年下の恋人・亜利沙 (山本美月)がいることが発覚。誠が問い詰めると亜利沙とは結婚の約束までしているという。ボクシング一筋で何もかも封印して練習してきた誠は、父親に怒りをぶちまける。草輔は亜利沙と別れ、二人三脚でトレーニングを再開するが……。

■日曜劇場『おやじの背中』
毎週日曜21:00~21:54(TBS系列)

関連リンク




《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top