藤原達也×岡田将生のコンビが活躍!新ドラマ『ST赤と白の捜査ファイル』スタート【第1話あらすじ】

最新ニュース

天才だが対人恐怖症の赤城左門(藤原竜也)と、エリートだが自分に自信がない百合根友久(岡田将生)のコンビを中心とした、警視庁科学特捜班(Scientific Taskforce=ST)の活躍を描く新ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』が、7月16日(水)にスタート。第1話は、遺体がゾンビのように生き返った謎の毒殺事件に挑む。

[第1話あらすじ]キャリアの警部だった百合根友久が、警視庁科学捜査研究所内に設立された特捜班、通称“ST”の管理を任されてから1年。実績に乏しく、三枝参事官(渡部篤郎)という後ろ盾も失ったSTは存続の危機にあった。そんな中、2つの殺人事件が発生。一方の事件では、遺体がゾンビのように動き出したらしい。STのリーダーである法医学のスペシャリスト・赤城左門は、フグが持っているような毒を使えばあり得ると百合根に告げる。赤城・百合根に加え、 青山翔(志田未来)、結城翠(芦名星)、黒崎勇治(窪田正孝)、山吹才蔵(三宅弘城)という科学捜査のスペシャリストたちで構成されたSTだが、変わり者揃いとあって警視庁内で疎まれていた。さらに青山が余計な挑発をしたことで捜査本部から締め出され、STは独自で捜査を開始。2件の殺人事件の被害者は、2人ともモデルの八神秋子(加藤夏希)に付きまとっていたことを知る。捜査すればするほど秋子への疑いが深まるが、それが真犯人の狙いではないかと赤城は考えて……。

■『ST 赤と白の捜査ファイル』
2014年7月16日(水)スタート ※初回10分拡大
毎週水曜22:00~23:00(日本テレビ系)

【出演】藤原竜也、岡田将生、志田未来、芦名星、窪田正孝、三宅弘城、柴本幸、水上剣星・田中哲司・林遣都、瀬戸朝香、渡部篤郎

関連リンク
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top