『和風総本家』カツオ・ウニ・イカ…今が旬の「海の幸」を支える職人の技術に密着!

最新ニュース

毎週木曜に放送の『和風総本家』(テレビ東京系列)は、日本人なら是非とも知っておきたいモノの名前や礼儀作法・マナーを改めて学ぶことによって「日本のすばらしさ」を改めて感じることのできる、大人のための和風エンターテインメント番組だ。7月17日(木)は、漁に欠かせない道具や、魚料理に欠かせない名脇役などを作る職人の知られざる技を紹介する。

イカ漁に欠かせない巨大な集魚灯を作るガラス職人が登場。荒波にも耐えられるよう、通常のガラスより硬い硬質ガラスを成形するベテラン職人の技を紹介する。さらに、夏を代表する魚・カツオの一本釣り漁に欠かせない釣り針職人や、最高級のウニの木箱に隠された驚きの技など、“海の幸”を支える、知られざる職人の技に密着する。

テレビドガッチの制作者インタビュー「つくるひと」のコーナーでは、庄田真人プロデューサーのインタビューを配信中。番組誕生のきっかけから豆助のことまで存分に語っていただいているので、こちらもあわせてご覧ください。

■『和風総本家』
2014年7月17日(木)21:00~21:54(テレビ東京系列)

【出演者】萬田久子、東貴博、ガダルカナル・タカ、佐戸井けん太、古澤未来
【進行】増田和也(テレビ東京アナウンサー)

関連リンク

《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top