永山絢斗、大倉忠義&武井咲と三角関係に!? 『クローバー』追加キャスト発表

最新ニュース

夏菜&永山絢斗&上地雄輔/『クローバー』-(C) 2014「クローバー」製作委員会 (C) 稚野鳥子/集英社
  • 夏菜&永山絢斗&上地雄輔/『クローバー』-(C) 2014「クローバー」製作委員会 (C) 稚野鳥子/集英社
  • 武井咲&大倉忠義『クローバー』-(C)2014映画「クローバー」製作委員会 (C)稚野鳥子/集英社
「関ジャニ∞」の大倉忠義と女優・武井咲を主演に迎え、“オフィスラブのバイブル”とも言われる人気少女コミックを映画化した『クローバー』。クールでドSなイケメン上司を大倉さんが演じることで早くもファンの間で話題となっている本作に、永山絢斗、夏菜、上地雄輔ら個性豊かな俳優陣が参加することが明らかになった。

初恋の人が忘れられない、恋愛オンチでピュアな新人OL・沙耶(武井咲)。華やかな女性遍歴を持つ将来有望なイケメンエリート・柘植(大倉忠義)。対照的な2人は職場の部下と上司。今日も沙耶は「バカッ!」「お前の脳ミソは犬以下だ!」とドSな柘植に叱られてばかり。落ち込む沙耶に、その柘植からいきなり交際の申し込みが。付き合い始めても柘植はちっとも優しくならないうえにS度は急上昇していき――。

『今日、恋をはじめます』でもタッグを組んだ古澤健と浅野妙子が、監督と脚本として再びタッグを組んだ。そんな胸キュン確定の本作だが、新たに発表された追加キャストには、沙耶と幼馴染で初恋の相手でもあるイケメン俳優・樋野ハルキ役に、連続ドラマW「モザイクジャパン」や『クローズEXPLODE』など幅広い役柄を演じ切る実力派・永山絢斗。本作では武井さん、大倉さんと三角関係を繰り広げる。

またその美貌と社長令嬢という立場を武器に、柘植に猛アタックを仕掛け、三角関係をさらに四角関係にまで発展させる、沙耶と柘植が勤めるホテル東洋の取締役の筒井栞を夏菜が、ホテル東洋の専務で柘植の上司であり栞の兄・筒井義道を上地雄輔が演じる。

今回の抜擢に永山さんは、「原作の漫画を凝縮した脚本ということもあり、ハルキの役割がより重要で、毎シーンとても意味のある登場をしていて、難しい役柄でした。それでも、台本を読んでいて気持ちが分からない部分も、武井さんと監督とうそをつかずに作り上げて行く作業は、気持よく誠実にできたと思います」と語る。

原作を読んだとき自身が演じる役柄の印象は「正直良くなかったです(笑)」と話す夏菜さんは、「監督とお話しして、とてもピュアな女性だなと感じ、まっすぐな気持ちを演じるようにしました。社長令嬢なので衣装、ヘアスタイル、ネイルと見た目には気を使いました」と見た目から役に入り込んだよう。

上地さんは「丁寧に時間をかけて役柄に取り組めたので、演じていてとても充実した撮影でした。映画を観て、こんな恋がしたいなと思ってもらえると嬉しいです!」とコメントした。

ほかにも木南晴夏、水沢エレナ、光浦靖子、村上健志(フルーツポンチ)、鈴木拓(ドランクドラゴン)、柴田理恵、宍戸開 、西村雅彦など、個性豊かでバラエティに富んだキャストが集結している。

映画『クローバー』は11月1日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top