『アメトーーク!』高校野球芸人が「田中将大vs斎藤佑樹」など過去の名場面をマニアックに語る

最新ニュース

7月31日(木)放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系列)は、もうすぐ夏の高校野球が開幕ということで、高校野球が大大大好きな芸人たちが登場し、高校球児たちが繰り広げる熱い戦いをより一層楽しむために、その魅力を存分に伝える。

スタジオにはアンジャッシュ・渡部建、アンタッチャブル・山崎弘也、いけだてつや、ロッチ・中岡創一、トータルテンボス・藤田憲右、井森美幸、大友康平ら豪華な面々が登場し、「春は選抜、地方大会、夏の甲子園があって、秋は明治神宮球場で大きな大会。一年中、高校野球から目が離せません!」という大友や「去年甲子園に行って、前橋育英の試合に感動しちゃった」という井森美幸、高校野球を語らせたら右に出る者はいないと言われているほどの高校野球通で本まで出版しているかみじょうたけしなど、筋金入りの高校野球好きたちばかりが夏の甲子園開幕に向け、熱い思いを語る。

さらに番組では、野球に詳しくない人でも知っているようなプロ野球で活躍する選手たちが、甲子園時代にどんな選手で、どんな活躍をしていたのか、その貴重映像の数々もプレイバックする。ピッチャーとしてだけでなくバッターとしても才能を見せつけていた松坂大輔投手や高校時代にすでに球速160kmを出していた大谷翔平投手、田中将大投手と斎藤佑樹投手の投げ合いなど、名場面の数々がマニアックに語られる。また、高校野球芸人たちに事前にアンケートを取り、「この試合はスゴイ!」という厳選された試合をVTRで振り返る。山崎が「この試合は伝説」と話す「1996年夏 決勝 松山商業vs熊本工業」や、高校野球史上に残る死闘と語り継がれる「2006年夏 準々決勝 帝京VS智弁和歌山」、優勝した高校のエースがインタビューで謝った「2009年夏 決勝 日本文理vs中京大中京」、そして延長17回まで松坂投手と現日本テレビアナウンサーの上重聡投手が投げ合うという投手戦を見せた「1998年夏 準々決勝 横浜vsPL学園」など、伝説とも言える試合の数々が甦る。

■『アメトーーク!』
2014年7月31日(木) 23:15~24:15(テレビ朝日系列)

【MC】雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)
【ゲスト】渡部建(アンジャッシュ)、大友康平、井森美幸
     山崎弘也(アンタッチャブル)、中岡創一(ロッチ)
     かみじょうたけし、藤田憲右(トータルテンボス)
     いけだてつや
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top