『風と共に去りぬ』に別のエンディングが存在した!?

最新ニュース

『風と共に去りぬ』
  • 『風と共に去りぬ』
  • 『風と共に去りぬ』 -(C) Getty Images
  • 『風と共に去りぬ』
伝説の映画『風と共に去りぬ』の本作とは違うエンディングが書かれたもうひとつの脚本が、オークションに出品される。

スカーレット・オハラ役でヴィヴィアン・リー、レット・ハトラー役でクラーク・ゲイブルが出演した南北戦争の時代を舞台としたこの映画と言えば、レットがスカーレットから去る際に放った不滅のセリフ「知らないね、勝手にするがいい」と共に、スカーレットが2人の関係から一歩踏み出すために言った、強さや自立心を兼ね備えた女性を思わせる「明日は明日の風が吹く」というセリフを見ることが出来た。

しかし、今回の脚本の存在により、もっと典型的な映画のエンディングを飾ることが出来たかもしれない可能性があったことが明らかになった。来月ネットでオークションに出品され、5,000ドル(約50万円)で落札されると予想されている1939年公開作の別のエンディングが書かれたこの脚本では、スカーレットの有名な最後のセリフが、「レット!…レット!…あなたはきっと戻ってくるわ。きっと戻ってくる…あなたは戻ってくるって知ってるんだから!」とレットにすがるようなセリフにすり替わっているというのだ。

この映画の歴史を垣間見ることの出来る脚本は、もともとある映画関係者が所有していたとみられており、その後本屋を経営していた映画ファンの手に渡った後、今回ヘリテージ・オークションのマーガレット・バレットさんによって出品されることになった。

マーガレットさんは、もしエンディングが違っていればヴィヴィアンはアカデミー主演女優賞を逃したかもしれないと「The Daily Mirror」紙に意見を述べている。「オリジナルのスカーレットは、レットが側にいようがいまいが強く生き抜いていく意思の強い女性という印象を与えますが、別のエンディングではもっと伝統的な女性です」「スカーレットの人生はレットが彼女の元を去ったことによって狂わされます。彼女はとても我慢強い性格、そして自立した女性です。彼女の生き抜いた時代に女性がどう見られていたかという点において、スカーレットのキャラクターは一歩先を行っています」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top