【予告編】笑って驚いて大号泣!鬼才キム・ギドクが放つ異色の感動作『レッド・ファミリー』

最新ニュース

『レッド・ファミリー』 (c) 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
  • 『レッド・ファミリー』 (c) 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
  • 『レッド・ファミリー』 (c) 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
  • 『レッド・ファミリー』 (c) 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
  • 『レッド・ファミリー』 (c) 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
  • 『レッド・ファミリー』 (c) 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
  • 『レッド・ファミリー』 (c) 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
  • 『レッド・ファミリー』 (c) 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
第26回東京国際映画祭「観客賞」を受賞した『レッド・ファミリー』。キム・ギドクが、南北統一の思いを込めて脚本を執筆し、秘蔵っ子新人監督イ・ジュヒョンに託した心温まる感動作だ。このたび、その予告編が解禁となった。

今回解禁となった予告編は、衝撃的なシーンから始まる。誠実な夫、美しい妻、優しい祖父、かわいい娘の、誰もがうらやむ理想の家族…に見えたが、家に入ると様子は一変。妻役をリーダーに、祖国のために非情な任務を遂行する北朝鮮のスパイチームだったのだ。しかし、何も知らないお隣家族は、お気楽に“スパイ宅”を訪問。“北”についての論議まで交わしてしまう。スパイチームもまた、自由な彼らにだんだん心を奪われ、憧れすら抱くように。そしていつからか、お隣同士で交流を深めていた。

だが、もちろん上層部はそれをよく思っておらず、「貴様らは南の思想にかぶれた」「工作員失格だ」とはねつける。そして「いま一度チャンスを」と懇願する彼らは、「隣家を皆殺しにしろ」と非情な指令を受けることに。人間らしい温かい心を持ってしまったスパイ4人の決断は…?



斬新な設定と、予期せぬ笑いと驚きに襲われるストーリーで、第26回東京国際映画祭観客賞に輝いた本作。理想の家族を演じる北朝鮮のスパイが、本当の家族愛に気づいてしまい、究極の選択を迫られる温かくも切ない感動作だ。

製作、脚本、編集は、数々の問題作を世に送り出しているキム・ギドク。『サマリア』でベルリン国際映画祭銀熊賞を、『嘆きのピエタ』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞している。そんなギドクが、南北統一の願いを込めて執筆したこの『レッド・ファミリー』の監督に、本作がデビュー作となるイ・ジュヒョンを指名。そして「私が予想した以上の出来栄え」と絶賛した。

『レッド・ファミリー』は、10月4日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top