【ハリウッドより愛を込めて】アメリカが熱狂!「コミコン 2014」レポート

最新ニュース

「コミコン 2014」-(C) Getty Images
  • 「コミコン 2014」-(C) Getty Images
  • 「コミコン 2014」
  • 「コミコン 2014」
  • 「コミコン 2014」
  • 「コミコン 2014」
  • 「コミコン 2014」
  • 「コミコン 2014」
  • 「コミコン 2014」
ハーイ、みなさん! 夏休みをエンジョイしていますか? 私は今年の夏は、大半をオレゴン州ポートランドで過ごしているのですが、涼しくて気持ちがいいです! ここアメリカでは、夏は映画が盛り上がる季節ですが、ほとんどの映画スタジオにとって、ちょっと残念な年になってしまったようです。

そんな中ではありますが、最新映画の大ニュースが発表される、ポップカルチャー最大級のイベント「コミコン」が開催されました! コミコンは、毎年7月の終わりごろにサンディエゴで開かれ、世界中からおよそ13万人が集まる超巨大イベントです。

今年はラッキーなことに、私もお仕事で参加することになりました! アニメ「NARUTO -ナルト-」の主人公“うずまきナルト”の声で有名な、声優の竹内順子さんの通訳をしました。竹内さんはコミコンに参加されるのが初めてだったので、アメリカのファンに会えることをとても喜んでいました。

コミコンでは、いくつかのブースを訪れる機会もありました。今年は、『スター・ウォーズ』と『LEGO』のブースが、一番注目を浴びていて盛り上がっていました! どちらも最新作のプロモーションをしましたが、『スター・ウォーズ』は、テレビ番組がもうすぐ放送開始の予定です。

また、『スター・ウォーズ』のブースでは、限定商品が販売されていました。車用アクセサリーを始め、ギターまで売られていましたよ。クレイジーでしょ! それから『LEGO』ブースでは、最近公開したばかりの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の宣伝もしていました。

アニメや漫画のキャラクターのコスプレをした人もたくさんいて、見ていて楽しかったです。たぶん最も多かったコスプレキャラは、バットマン、ジョーカー、ワンダーマンだったと思います。

今年のコミコンには、ハリウッドのスター、監督、プロデューサーも参加して、スペシャルなニュースを発表したり、新作のトレイラーを披露しました。その中には、ピーター・ジャクソンや、レジェンダリー・ピクチャーズのCEOトーマス・タル氏の姿も。レジェンダリー・ピクチャーズといえば、現在大ヒット公開中の『GODZILLA ゴジラ』の映画スタジオです。タル氏は、「ゴジラの続編映画やテレビ番組に、有名な悪役怪獣を登場させることを、東宝が同意してくれた」と発表しました。

もうひとつのサプライズは、『BATMAN V SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE』(原題)のプロモーションのために、ベン・アフレックが登場したことです。

コミコンって本当に最高ですよ! 機会があれば、ぜひ一度参加してみてください。超オススメです!!
《text:Lisle Wilkerson》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top