ハリウッドの激渋スターが“おじさんイラスト”に!? 『ファーナス/訣別の朝』

最新ニュース

(左上から)ウィレム・デフォー&クリスチャン・ベイル&サム・シェパード&ウディ・ハレルソン&フォレスト・ウィテカー&ケイシー・アフレック
  • (左上から)ウィレム・デフォー&クリスチャン・ベイル&サム・シェパード&ウディ・ハレルソン&フォレスト・ウィテカー&ケイシー・アフレック
  • イラストレーターのなかむら るみさんによるイラスト
  • クリスチャン・ベイル/『ファーナス/訣別の朝』
  • ウディ・ハレルソン/『ファーナス/訣別の朝』
  • ケイシー・アフレック/『ファーナス/訣別の朝』
  • フォレスト・ウィテカー/『ファーナス/訣別の朝』
  • ウィレム・デフォー/『ファーナス/訣別の朝』
  • サム・シェパード/『ファーナス/訣別の朝』
製作にはレオナルド・ディカプリオとリドリー・スコットが名を連ね、オスカー俳優クリスチャン・ベイルなど、ハリウッドのビッグネームたちが出演するアメリカン・クライムドラマ『ファーナス/訣別の朝』(9月27日公開)。このほど、「おじさん図鑑」(小学館)で知られるイラストレーター、なかむらるみが描き起こした、6人の“おじさんたち”のイラストが到着した!

ペンシルベニアの田舎町ブラドックは、常にファーナス(=溶鉱炉)から昇る白煙が立ち込めている。この町で生まれ育ったラッセル(クリスチャン・ベイル)は、年老いた父親(サム・シェパード)の面倒を見ながら製鉄所で働いていた。イラク戦争で心に傷を受けて帰還した弟ロドニー(ケイシー・アフレック)は心配しながらも、恋人リナ(ゾーイ・サルダナ)とささやかな幸せを感じる日々。しかしある夜を境に、彼の運命は闇の底へと転がり落ちていく…。

主人公ラッセルを演じるのは、クリスチャン・ベイル。スティーブン・スピルバーグの『太陽の帝国』(1987年)で映画デビューを果たし、『アメリカン・サイコ』のエリート殺人鬼、クリストファー・ノーランの『ダークナイト』シリーズのバットマン/ジョン・ウェイン、『ターミネーター4』のジョン・コナー、そして『ザ・ファイター』では、約30キロ減量して実在の麻薬依存症の元ボクサーを演じ、見事にアカデミー賞を獲得した超演技派だ。

そして本作のほかの出演者も、『ハンガー・ゲーム』シリーズのウディ・ハレルソン、『インターステラー』のケイシー・アフレック、『大統領の執事の涙』のフォレスト・ウィテカー、『グランド・ブタペスト・ホテル』のウィレム・デフォー、『MUD-マッド-』のサム・シェパードと、クセのある名優ばかり。

劇中では、激しい戦いを繰り広げる激渋な彼らだが、なかむらさんのイラストでは、映画とはひと味違い、親近感が沸く(?)キャラクターとして描かれている。なかむらさんは「画面から男の汗が飛んできそうなほど、男臭い映画です。わたしがかいてイメージを壊してしまわないか少しひるみました。個性がそれぞれ熱くておもしろかったのでそのあたりをネーミングにこめました」と解説。

そのネーミングとはこちら。

クリスチャン・ベール:訣別するおじさん
ウディ・ハレルソン:育ちの悪いおじさん
ケイシー・アフレック:オレはまだおじさんではない
フォレスト・ウィテカー:読みが甘かったおじさん
サム・シェパード:癒してくれるおじさん

おじさんを描かせたら右に出るものナシの“おじさんのプロ”ともいえるなかむらさんさえ、圧倒してしまう6人の男たち。年輪を感じさせる彼らの男らしさみなぎる激突を、ぜひ劇場で体験あれ。

『ファーナス/訣別の朝』は9月27日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top