【予告編】MBLAQイ・ジュン、キム・ギドク作品でベッドシーンに挑戦!『俳優は俳優だ』

韓流・華流

『俳優は俳優だ』(C)2013 Next Entertainment World Inc. & Luz Y Sonidos Co.Ltd. All Rights Reserved.
  • 『俳優は俳優だ』(C)2013 Next Entertainment World Inc. & Luz Y Sonidos Co.Ltd. All Rights Reserved.
  • 『俳優は俳優だ』(C)2013 Next Entertainment World Inc. & Luz Y Sonidos Co.Ltd. All Rights Reserved.
現実か、それとも演技か。世界が注目する鬼才キム・ギドク監督が日本でも人気のK-POPグループ「MBLAQ」のイ・ジュンを主演に迎え、『映画は映画だ』(’08)に続いて放つ衝撃作『俳優は俳優だ』から、予告編が到着。イ・ジュンが、かつてない狂演と激しいベッドシーンにも挑戦していることが明らかになった。

一流映画スターを夢見る無名の俳優オ・ヨン(イ・ジュン)は、ある映画への出演をキッカケに一夜にして脚光を浴びることになる。これまで無縁だった名声と権力、快感を得たヨン。有名人となった彼は、無名時代に味わった苦労など忘れ、華やかな世界で傲慢に振る舞うようになっていき、ついには手荒な手段もいとわない芸能関係者ともかかわってしまう。やがて、演技や人間関係への誠実さを失った彼の評判は急落。そこで初めて、ヨンは自分の危機的状況に気づき始めるのだが…。

映画俳優になりたいヤクザとヤクザのような映画俳優という対照的な2人の男を、人気俳優のソ・ジソブとカン・ジファンが演じた『映画は映画だ』は、ギドク監督が原案と製作を手がけ、2人の俳優がそれぞれ新境地を開拓する圧巻の演技を見せた。

『映画は映画だ』に続く本作もまた、ギドクが製作・脚本を務め、絶大な人気を誇るK-POPアイドルグループ「MBLAQ」のイ・ジュンが映画初主演。

『嘆きのピエタ』でヴェネチア国際映画祭「金獅子賞」を受賞したギドクが次に描くのは、端役から一躍トップスターに上りつめた男の成功と挫折。1人の俳優がどん底から頂点へ、そして頂点からどん底へと再び転落する過程が、映画の撮影現場と現実世界が交錯しながら展開していき、人間本来の欲望を赤裸々にあぶり出していく。



これまでドラマ「IRIS2」などに出演してきたジュンは、映画初主演にして大胆なベッドシーンにも挑戦しており、トップの座に潜む闇に否応なく引きずり込まれていく俳優を、文字どおり体を張って演じ切っている。“俳優イ・ジュン” としても開眼を見せた熱演を、まずはこちらからチェックしてみて。

『俳優は俳優だ』は11月15日(土)よりシネマート六本木ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top