村治佳織、久々の公の場でギターを演奏! 吉永小百合も"妹分"の復活に感激

最新ニュース

吉永小百合&村治佳織(メインテーマ担当)&笑福亭鶴瓶/『ふしぎな岬の物語』ジャパンプレミア
  • 吉永小百合&村治佳織(メインテーマ担当)&笑福亭鶴瓶/『ふしぎな岬の物語』ジャパンプレミア
  • 村治佳織(メインテーマ担当)/『ふしぎな岬の物語』ジャパンプレミア
  • 吉永小百合&阿部寛&笑福亭鶴瓶&竹内結子&笹野高史&成島出(監督)/『ふしぎな岬の物語』ジャパンプレミア
  • 吉永小百合&笑福亭鶴瓶/『ふしぎな岬の物語』ジャパンプレミア
  • 竹内結子/『ふしぎな岬の物語』ジャパンプレミア
  • 笹野高史/『ふしぎな岬の物語』ジャパンプレミア
  • 吉永小百合/『ふしぎな岬の物語』ジャパンプレミア
舌腫瘍を患い、昨年7月より休養していたギタリストの村治佳織が、9月16日(火)に開催された、自身がメインテーマを演奏している映画『ふしぎな岬の物語』のプレミア試写会に出席。久々の公の場で元気な姿を見せ、演奏も披露した。

吉永小百合が主演とプロデューサーを兼任し、第38回モントリオール世界映画祭で「審査員特別賞グランプリ」を含む2冠を獲得した本作。村治さんは吉永さんのオファーを受け、メインテーマであり、映画の最後に流れる「望郷~ふしぎな岬の物語~」をクラシックギターで演奏している。

舞台挨拶に登壇した吉永さんは、以前から親交の深い村治さんを「私にとっては妹分のような存在」と紹介。村治さんは「ステキなメロディに出合うことができました」と喜びを口にする。

舌腫瘍で昨年7月から長期休養に入っていたが、吉永さんの「久しぶりに舞台に立ってくれました。ご病気を克服されて、引き受けてくださり嬉しいです」という言葉に「吉永さんやみなさんにパワーをいただいて、こうして戻ってくることが出来ました。私にとって、この映画は“希望の光”でした」と強い思いを口にする。

吉永さんは映画とギターの良好な関係は「『禁じられた遊び』('52/※ギタリストのナルシソ・イエペスが主題歌「愛のロマンス」を演奏)以来のものです」と語り、「佳織さんのギターで映画が終わるというのが夢だったんです!」とプロデューサー冥利に尽きるといった表情でコラボレーション実現の喜びを語った。

村治さんは映画の上映前にクラシックギターで「望郷~ふしぎな岬の物語~」を奏で、その美しい音色に観客は酔いしれた。

『ふしぎな岬の物語』は10月11日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top