ベン・ウィショー主演作も上映! 羽田で搭乗待ちの間にショート・フィルムを堪能

最新ニュース

『ラブ・ヘイト』
  • 『ラブ・ヘイト』
  • 『ラブ・ヘイト』
  • 『ラブ・ヘイト』
  • 『ある夏の日』
  • 『TOKYO SYMPHONY』
  • 『サッカー・ストーリー』
  • 『トランジット・ビジュアルズ』
  • ベン・ウィショー主演作も上映! 羽田で搭乗待ちの間にショート・フィルムを堪能
米国アカデミー賞公認のアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF &ASIA)」では、10月23日より開催される第27回東京国際映画祭との提携企画として、10月の土日祝日限定で、羽田空港内に新設された「TIAT SKY HALL」にてショートフィルム上映イベントを開催。ベン・ウィショーやミア・ワシコウスカの出演作など全27のショートフィルムを、空港でのすき間時間に楽しめることになった。

このイベント「シネマトラベル presented by SSFF & ASIA」は、世界17の国と地域から全27作品のショートフィルムを厳選し、10月の土日祝の計9日間、羽田空港国際線旅客ターミナル内に新設された「TIAT SKY HALL」にて無料上映するイベント。7時~19時まで、ほぼ休みなく何かしらの作品が上映されているので、空港での待ち時間などに気軽に鑑賞できるようになっている。

上映ラインナップは、『007 スカイフォール』のQ役でブレイクしたベン・ウィショーが、チャリティ活動にいそしむ心優しい穏やかな青年・トムに扮し、謎めいた美女に出会う『ラブ・ヘイト(Love Hate)』(イギリス)、10月に伊勢谷友介共演『ザ・テノール 真実の物語』の公開を控えるユ・ジテが監督&主演を務める『招待(Invitation)』(韓国)、『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカ出演の『ある夏の日(Summer Breaks)』(オーストラリア)など、世界各国の作品を始めとする全27タイトル。

世界に“東京”を知ってもらうための「東京ショートフィルムプロジェクト」や、SSFF & ASIA観光映像大賞を受賞した宮城、愛媛、大阪、千葉、富山の5府県の観光プロモーション映像も公開される。また、10月25日(土)には、旅人・エッセイストのたかのてるこ氏を講師に迎えたワークショップも3331 Arts Chiyodaにて開催される予定だ。

旅とともに、ショートフィルムから楽しむ“シネマトラベル”を、ぜひ空港で堪能してみて。

シネマトラベル presented by SSFF & ASIAは、10月中の毎土・日・祝日(※計9日間)、羽田空港内「TIAT SKY HALL」にて開催。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top