【特別映像】『猿の惑星』がハリウッドで大論争!“素顔”を隠した俳優はオスカー候補になれる!?

映画

猿のシーザー&アンディ・サーキス/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox
  • 猿のシーザー&アンディ・サーキス/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox
  • 猿のシーザーを演じるアンディ・サーキス/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox
  • 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox
  • 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox
  • 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 - (C)2014 Twentieth Century Fox
  • 『ドーン・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス(原題)』 -(C) 2014 Twentieth Century Fox
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』が、ついに日本でも9月19日(金)より公開する。主人公の猿・シーザーを演じているのは、パフォーマンス・キャプチャーの第一人者であるアンディ・サーキスだ。実はいまハリウッドでは、“アンディこそ、俳優として来年度のアカデミー賞候補になるべきでは?”という前代未聞の大論争が巻き起こっている。これを受け、アンディ本人が今回の議論について思いを激白! さらに、大論争が起こるのも納得の、アンディのスゴさが分かる特別映像も公開された。

本作では、モーション・キャプチャーを超える最先端の視覚効果“パフォーマンス・キャプチャー”を使用。俳優の細やかな動きと繊細な表情をも取り入れることが可能になり、物語をよりリアルに、エモーショナルに演出することができるようになった。

当然ながら、猿のシーザーを演じるアンディの顔は、スクリーンに映し出されることは一切ない。しかし、観客の心に訴えかけるシーザーの表情や感情は、まさにアンディの演技によるもの。彼のおかげで、本作は重厚なドラマへと昇華されている。

すでに本作を鑑賞した米マスコミ関係者からは、シーザーを演じたアンディに多くの賞賛が集まっており、有力紙がアンディへの正統な評価についてアカデミー賞のあり方を報じるのも、当然の結果だといえるだろう。

アンディといえば、やはり『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役でも有名。当時はまだ“モーション・キャプチャー”がいまほどメジャーではなく、現場も手探りの状態で挑んだといわれていた。だが、結果的に、アンディは周囲の予想をはるかに上回り、コンピューター処理する前の単なる“道標”ではなく、モーション・キャプチャーのキャラクターに文字どおり命を吹き込むことに成功。彼の熱意とこだわりが、映画界に革命を起こし、俳優の可能性をも大いに広げることになった。



スクリーンでその素顔を見せることは少なくとも、現在ではすっかり世界中に名前を知られているアンディ。その実績は輝かしく、『ホビット 思いがけない冒険』では再びゴラム役として登場し、同シリーズの撮影第2班の監督を務めたほか、『スター・ウォーズ』最新作への出演も決定している。実は彼の出演作の1本あたりの平均興行成績は、トム・クルーズやジョニー・デップをはるかに凌いでいるのだ。

以前から「パフォーマンス・キャプチャーは、アカデミー賞の演技部門に含まれるべき」と公言しているサーキスだが、アカデミー賞の投票権を持つ俳優たちの中には、デジタル技術を駆使した“顔を出さないスター”への評価にはかねてから異論を唱える者もおり、大きな話題となっている。

今回の「アンディの演技を評価すべきだ」という大論争について、アンディ自身は素直に心中を語っている。「映画界の人たちに認められるのは、とても嬉しく、素晴らしいことです。私たちは実写の俳優と同じで、普通に演技をしています。いい演技をしているからこそ議論され、注目してくれているのだと思います。この仕事を知ってもらえることは、とても大切なことです」。

そして、「本作では素晴らしい脚本と、マット・リーヴスという優秀な監督に出会いました。今回の成功は、猿を演じた私たちの演技だけでなく、WETAデジタルの素晴らしいアニメーターやCGアーティストの功績も大きいです」と、監督を始めとするスタッフたちにも敬意を払う。

「私が賞に値するかは分かりませんが、シーザーはいままで俳優をやってきた中でも最も難しい役柄でした。言葉をあまり話さない状況で、表情と体の動きだけでどうやって感情を表現するか悩みました。このシーンで彼はどんな自己主張をするか、あれこれ考えながら作り上げたキャラクターです。私のパフォーマンス・キャプチャーを通した演技が、世界の観客に伝わり、評価されていることが分かって、とても嬉しく思っています」。

そう真摯に語るアンディの“オスカー級”の演技を、まずはこちらの映像から確かめてみて。

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は9月19日(金)より全国にて2D/3Dで公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top