中井貴一、『柘榴坂の仇討』公開に感慨 「花嫁の父親の気持ち」

最新ニュース

中井貴一&阿部寛&広末涼子&木崎ゆりあ(AKB48)&近江陽一郎&藤竜也&若松節朗(監督)/『柘榴坂の仇討』初日舞台挨拶
  • 中井貴一&阿部寛&広末涼子&木崎ゆりあ(AKB48)&近江陽一郎&藤竜也&若松節朗(監督)/『柘榴坂の仇討』初日舞台挨拶
  • 中井貴一/『柘榴坂の仇討』初日舞台挨拶
  • 阿部寛/『柘榴坂の仇討』初日舞台挨拶
  • 広末涼子/『柘榴坂の仇討』初日舞台挨拶
  • 木崎ゆりあ(AKB48)/『柘榴坂の仇討』初日舞台挨拶
  • 中井貴一&阿部寛&広末涼子&木崎ゆりあ(AKB48)&近江陽一郎&藤竜也&若松節朗(監督)/『柘榴坂の仇討』初日舞台挨拶
  • 近江陽一郎/『柘榴坂の仇討』初日舞台挨拶
  • 若松節朗(監督)/『柘榴坂の仇討』初日舞台挨拶
映画『柘榴坂の仇討』が9月20日(土)に公開を迎え、主演の中井貴一、阿部寛、広末涼子、木崎ゆりあ(AKB48)、近江陽一郎、藤竜也、若松節朗監督が初回上映後の舞台挨拶に臨んだ。

浅田次郎の同名短編小説を映画化した本作。「桜田門外の変」で主君・井伊直弼の暗殺を防げず、以来、御一新を迎え明治の世になっても仇討だけを目的に生きていく元彦根藩士・金吾の人生を周囲の人々、変わりゆく時代と共に描き出していく。

公開まで全国各地をキャンペーンで回ってきた中井さんは「やっと公開を迎えました」と語り、「育て上げてきた娘を嫁がせるような感じで、花嫁の父親はきっとこんな気持ちなのかな? と思ってます」とホッとした表情の中にも一抹の寂しさを匂わせる。

中井さんは普段から、自身の出演作は公開後に劇場で観客として見るようにしているそうで、完成した映画はまだ一度も観ていないという。改めて本作で描かれる様々な“愛”について問われ、自身と広末さんが演じた夫婦の関係性に触れ「理想のカカア天下だと思いました」と広末さんが演じた妻のセツあっての金吾だったと力説。

若松監督が「いまの時代、男性はもっと女性を大切にしてほしい」と感謝の気持ちや愛情をはっきりと示すようにと呼びかけたが、中井さんは「言い過ぎてもダメ。当たり前になっちゃうから、たまに言うのがいい。そうだよね? 阿部ちゃん(笑)」と笑みを浮かべて語っていた。

阿部さんは「こういう作品を待ち望んでいました」と会心の笑み。阿部さんも一見、男くさい時代劇のように見えて、実は本作において女性が大きな役割を担っていることに言及。「女性の気持ち、支える女性、女性の強さを描いているところが魅力。中井さんと広末さんのシーンも、藤さんの夫婦のシーンも僕のシーンもそうですが、女性の気持ちを繊細にハッキリ描いているから、これだけ気持ちいい映画になったのだと思います」と語り、「試写室で、自分が出ている作品なのに涙してしまいました」と明かした。

広末さんも「私も目を腫らして劇場を出ました」と告白。セツの気持ちとして「金吾さんの侍としての、現代で言うところの仕事への愛や矜持を感じ、この人にこの強さがあるから、セツも支えることが出来たのだと痛感しました。『苦労を掛けた』というひと言だけで、セツはそんなことは言ってもらえるとも言って欲しいとも思ってなかったでしょうが、涙なんてレベルのものではないものがこみ上げてきました」と力強く語った。

藤さんは「ものすごく締まったいい現場でした」と述懐。藤さんもまた、本作に描かれる女性たちに言及し「女房を見りゃ亭主が分かる。これは気をつけなきゃと思いました」とユーモアたっぷりに語り、会場は笑いに包まれた。

木崎さんと近江さんはともに時代劇初挑戦で、それぞれ広末さん、中井さんとのシーンが大半を占めたが、大いに学ぶことがあったよう。木崎さんは「広末さんを目の前にして、美しすぎて緊張しました!」と言えば、近江さんも負けじと(?)「中井さんも本当に美しいと思いました。日本の男として佇まい、考え方が美しいんです。いつか中井貴一のような俳優になりたい」と感じました」と熱く語った。

『柘榴坂の仇討』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top