国分太一、40歳を迎えて「新たな挑戦を楽しみたい」この秋『いっぷく!』がリニューアル

最新ニュース

国分太一が司会を務める生活情報番組『いっぷく!』(毎週月~金曜8:00)が、9月29日(月)よりリニューアル。番組の前半部分には、今起きている視聴者の最大関心事を大々的に盛り込み、番組後半では、これまで通り生活情報や健康、美容、料理などをテーマにした企画を行い、曜日出演者も加えてにぎやかに進行させていく。
  
番組ではこれまでも折にふれ、ニュースに掘り下げた解説を加えて伝えてきた。番組プロデューサーが「国分さんは、これまで番組でニュースに触れてきたことで興味が沸き、もっと知りたい、という欲が出てきたように見える」と語るように、国分は「これまでは“世の中の動きをある程度知っておけばいいかな”という気持ちでしたが、『いっぷく!』が始まってからは、ニュースも扱うようになったので少しずつ勉強しました。楽屋にも毎朝、一般紙、スポーツ紙などが全紙揃っているのですが、“イチからやらなきゃだめだ!”と思い、自宅では子ども新聞も購読するようになりました」と意識の変化を明かす。

リニューアル後の『いっぷく!』は、“今一番気になること”、“今まさに起きていること”をより多く深く、視聴者に届ける予定だ。また、ナチュラル系の洋服を纏う明るい国分のイメージから、スーツにネクタイといったイメージに一新。セットにも巨大モニターを用いるなど、“わかりやすさ”を追求していく。国分は、事前の勉強会やスタッフ、専門家によるレクチャーなどにも意欲を示しており、「内閣改造で女性大臣が増えたこと、消費税10%のこと、福島や沖縄の県知事がどうなるのか、北朝鮮の問題など、いろいろ取り上げてきて、たくさんの山があることを感じました。それをどうやって越えていけば良いかを解説の皆さんが説明してくださると、とても面白いと思いました。これまでニュースは情報としてただ受け取るだけの立場でしたが、9月2日で40歳になって、よりいろいろなことを考えていかないといけないと感じるようになりました。逃げていたというより、今まではそれが僕の仕事だとも思っていませんでした。この機に、正面からぶつかり、しっかりと受け止めて、視聴者の皆さんに自分の言葉や目線でニュースを伝えられたら」と語る。
  
また国分は、番組と視聴者の間に立ち、スタジオにいるコメンテーター陣に対して、視聴者に代わり疑問や質問を投げかける役割も担うという。スタジオには、国分を支える百戦錬磨のコメンテーターが揃う予定で、国分は「解説の方には、視聴者の皆さんが聞きたいと思う質問を僕が聞くようにしたいです。簡単に説明をしていただける解説員の方を募集しております(笑)!」とメッセージを寄せている。
 
さらに、目標とする司会者を聞かれると「皆さん、その方にしか出来ない番組をやっていらっしゃると思うので、そういう意味だと皆さんが目標でしょうか。同じニュースでも、新聞によって、局によって、番組によって、見る角度が違うことが新鮮でした。そこで自分はどういう風に考えているんだろうと改めて考えることもあります。自分なりに、どのように物事を見ていくか、あまり背伸びせずに、等身大かつ僕の目線でニュースを伝えていけたら」とコメント。最後に「学ぶことは山ほどあり、教えていただきたいことばかりです。自分が今までやってきた番組では使わないような言葉もたくさん出て来ます。最初は学ぶことばかりだと思いますが、いつまでもその気持ちを忘れずに番組を続けていきたいと思います。(番組リニューアルは)僕にとって新たな挑戦です。このような経験ができることは少ないと思うので純粋に楽しみたいですし、楽しめるようになったらいいなと思います。ニュースを扱うからといって、自分の中で堅苦しくなるのもちょっと違うのかなと考えています。今までも、スポーツ、バラエティー、音楽、いただいたお仕事は全て自分の言葉で伝えてきました。ニュースも自分の言葉で伝えたいと思います。それが“国分太一のニュース情報番組”だと思いますし、“新しいニュース情報番組”になると信じています」と意気込みを伝えている。番組のリニューアルを通して、40歳を迎えたばかりの国分の、新しい一面がより一層広がるだろう。

■『いっぷく!』
毎週月~金曜8:00~9:55(TBS系列)

【メインMC】国分太一
【アシスタント】枡田絵理奈(TBSアナウンサー)
【毎日出演】岩下尚史
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top