クロエ・グレース・モレッツ、究極の選択に答えは“さよなら”…『イフ・アイ・ステイ』

映画

クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスタービジュアル (c)2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. Allrights Reserved.
日本でもティーンから目の肥えた映画ファンにいたるまで、絶大な人気を誇るクロエ・グレース・モレッツを主演に、全世界ベストセラーの小説「ミアの選択」を映画化した『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』(10月11日公開)。

17歳、高校3年生のミア。親友と呼び合える友達がいて、大好きな彼氏アダム(ジェイミー・ブラックリー)がいる。将来の夢はチェロ奏者、今はジュリアード音楽院への入学をめざして猛練習中だ。そんなミアを、ある雪の朝、突然の悲劇が襲った。

病院のベッドの上、昏睡状態のミアが思い出すのは、自分を愛してくれていた人たちと、そうとは気づかずに手にしていた、たくさんの幸せ。しかし、愛情を注いでくれた両親も、可愛い弟も、もうこの世にはいない。生きていくには、あまりにも辛すぎる現実があった…。

全米のオープニング成績で『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ミュータント・タートルズ』『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』と、夏の大型アクション映画が並ぶ中で1館あたりの興収であるスクリーン・アベレージではダントツの1位を獲得。現在、公開5週目でもベストテン内に入る健闘を見せており、「心に刺さる素晴らしい映画だ!」(People誌)など高い評価を受けている。

本作で主人公・ミアを演じたクロエは、もし劇中の彼女と同じように、交通事故で家族を一度に失い、彼女自身も昏睡状態となったとしたら、下す決断は「さよなら」だと言う。

生死の境をさまようミアに対して、クロエは「難し過ぎる選択よね。『きちんと目を覚まして自分の人生を生きていく』とは答えたい。『兄や母の分も、自分がしっかり背負っていく』ってね。でも、正直に言うと、その可能性がかなり低いと思う。この世界に言うのは『さよなら』かもね」と自己分析する。

言葉の端に家族への思いを垣間見せるクロエだが、本作は単なるラブストーリーではく、家族愛もテーマの一つになっていることに対しても、「私の家族も、ミアの家族のようにとっても親しいから、ものすごく似ているの。母は私のキャリアを完全にサポートしてくれているし、そのためにいろんな犠牲を払ってくれた。兄たちはみんなクレイジーで、騒がしいの。家族みんなこの企画に惚れ込んだの。母も兄も私自身も、最初から特別な企画だと確信した」と話し、本作への思いを明かした。

本作でも、クロエ自身のファミリーのような仲のよい家族や、家族同然の親友の存在なども描かれている。「この面々が赤の他人同士だなんて信じがたいよ。とても自然なつながりを感じさせるんだ。こうした人たちと過ごした経験があるから、ミアの心もなかなか決まらない。ミアは、『ザ・クラッシュ』の名曲のように“とどまるべきか、去るべきか”と自問するんだ」と、監督のR・Jカトラーもまた、ミアの下す選択が容易ではないことを話した。

この秋、クロエが自分自身を重ねながら熱演した、ミアの生死の選択をめぐる珠玉のドラマは、日本でも感動を巻き起こすことになりそうだ。

『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』は10月11日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top