伊勢谷友介が思わず「『るろ剣』より観てほしい」 『ザ・テノール』を熱烈アピール!

最新ニュース

北乃きい&伊勢谷友介&ユ・ジテ/『ザ・テノール 真実の物語』完成披露試写会
  • 北乃きい&伊勢谷友介&ユ・ジテ/『ザ・テノール 真実の物語』完成披露試写会
  • 北乃きい&伊勢谷友介&ユ・ジテ/『ザ・テノール 真実の物語』完成披露試写会
  • 伊勢谷友介/『ザ・テノール 真実の物語』完成披露試写会
  • 伊勢谷友介/『ザ・テノール 真実の物語』完成披露試写会
  • 北乃きい/『ザ・テノール 真実の物語』完成披露試写会
  • ユ・ジテ/『ザ・テノール 真実の物語』完成披露試写会
  • 北乃きい&伊勢谷友介&ユ・ジテ&キム・サンマン監督/『ザ・テノール 真実の物語』完成披露試写会
  • 北乃きい&伊勢谷友介&ユ・ジテ/『ザ・テノール 真実の物語』完成披露試写会
韓国人テノール歌手の感動の実話を映画化した『ザ・テノール 真実の物語』の完成披露試写会が9月25日(木)に開催され、主演のユ・ジテに、日本から本作に参加した伊勢谷友介と北乃きい、キム・サンマン監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。

ヨーロッパでデビューを果たし「100年に一人のテノール」とまで称されたベー・チェチョル。日本でも人気を獲得し、これからという時にがんを発症し、治療の過程で声を失ってしまう。自暴自棄となり韓国へと帰国するチェチョルだったが、愛する家族や彼の声に心酔する日本の“親友”沢田に支えられ、手術を受けて復活を目指すことに…。

歓声に迎えられたジテは「こんにちは、ユ・ジテです」と日本語で挨拶。チェチョルを演じる上で、見事に復活を果たし現在も歌手として活動するチェチョル本人と会って言葉を交わしたそうだが「先生が辿った苦難について伺うのは失礼でもあると思い、お話をした際にはどうしたら歌手に近づけるのか? あの“音”を作ることが出来るのか? ということを伺いました」とふり返る。

伊勢谷さんは、日韓関係の複雑な現状を念頭に「いまは難しい時代ですが、個人個人が愛情を持って接すれば相手も人間ですからきっと分かってもらえるし、それが未来の希望だと感じてます。特にこうした人物が実在しているということが描かれることが大切」と語り、企画を聞いた時点でその場で出演を即決したことを告白。「映画人として絆を作るきっかけになればと思っています」と熱く語った。

さらに「本当に一生懸命作りました! 『るろうに剣心』よりも観てほしいです!」と失言ギリギリ(?)のアピールであふれんばかりの熱い思いを口にし、劇場は笑いと歓声に包まれた。

北乃さんは「妥協しない監督。伊勢谷さんとジテさんはストイック。現場の全てが勉強になりました!」と目を輝かせる。特に北乃さんはギターを手に歌うシーンに関して「自分にとっては山場で悩んで挑みました」とふり返るが、「そのシーンの後で、2人(ジテ&伊勢谷さん)がサプライズでケーキを用意してくださって…」と2人の粋な演出を明かし感激を口にした。

北乃さんの「本当に愛のある監督でした」という言葉に、監督は「愛さずにはいられないキャストでした」とニッコリ。「個人と個人、人間対人間で真心と愛情を持って交流すれば、人はもっと大きな力を得ることが出来ると思います」と力強く訴えた。

『ザ・テノール 真実の物語』は10月11日(土)より新宿ピカデリー、東劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top