連続テレビ小説『マッサン』スタート!!玉山鉄二&シャーロットが国産初のウイスキー製造に挑む夫婦役に!

最新ニュース

9月29日(月)からNHKでスタートする連続テレビ小説『マッサン』。主演に亀山政春(マッサン)役の玉山鉄二と、亀山エリー役のシャーロット・ケイト・フォックスを迎え、国産初のウイスキー製造に挑む夫婦の愛と冒険を描いていく。中島みゆきの新曲「麦の唄」を主題歌とし、ドラマを一層盛り上げていく。

第1週「鬼の目にも涙」のあらすじは――
大正9年5月。本場のウイスキーづくりを学ぶため、単身スコットランドに渡った亀山政春(玉山鉄二)は二年ぶりの日本へと向かう船上にいた。その傍らには外国人の妻・エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)を連れて。結婚の報告に政春の故郷である広島・竹原へと向かう二人。エリーは政春の両親に会い、祝福されることを楽しみにしていた。しかし、政春の実家である日本酒の造り酒屋・亀山酒造へ着くと思いもよらない展開がエリーを待っていた。政春の母・早苗(泉ピン子)は、二人の結婚を祝うどころか、政春のウイスキーづくりも許してはいなかったのだ。実は、政春は早苗に結婚を反対されていることをこれまでエリーに隠していたのだった。喜んで迎えてくれると期待に胸を膨らませていたエリーはひどく落胆する。エリーもまたスコットランドの家族に反対され、結婚を認められないまま日本へやってきたのだった。政春の父・政志(前田吟)にも許しを請うが、ウイスキーづくりを命がけでやる覚悟はあるのかと厳しく問いかけられ言葉に詰まる政春。何とか結婚を認めてもらおうと親戚一同が集まる亀山家の法事に参加する政春とエリーであったが……。

“朝ドラ”初の外国人ヒロインが登場する本作。90年以上前、ほとんど例のなかった国際結婚をした夫婦の奮闘記を描いていく。マッサンとエリーに次々と訪れるピンチ、それを乗りこえていく姿は、夫婦の絆、家族の温かい愛、あきらめない日本人の底力をお茶の間に届けてくれることだろう。日本のウイスキーの黎明期を支えた人たちが登場し、後に北海道で蒸留所を開く、まさに生涯をウイスキーに捧げた「竹鶴政孝」さんと、その妻「リタ」さんがモデルのドラマに注目が集まる。

■NHK連続テレビ小説『マッサン』
2014年後期放送(NHK総合テレビ)

関連リンク
玉山鉄二&シャーロットの前に泉ピン子が立ちはだかる!?連続テレビ小説『マッサン』
玉山鉄二、シャーロットという女優に出会えてよかった!第1週試写会&会見コメント
連続テレビ小説『マッサン』広島・竹原市でのロケスタート
シャーロット・ケイト・フォックス&玉山鉄二『マッサン』、相武紗季が宿敵!?
NHK朝ドラ『マッサン』初の外国人ヒロインはシャーロット・ケイト・フォックス!
NHK朝ドラ「ごちそうさん」「花子とアン」の次は初の外国人ヒロインで送る『マッサン』に決定!
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top