歌舞伎界の若きプリンス・尾上松也、自殺を覚悟した下積み時代をTV初告白!『バナナマンの決断は金曜日!』

最新ニュース

有名人が人生で下した決断の真相を、独占インタビュー企画や有名人の知られざる素顔に迫るプライベート密着企画などで伝えるフジテレビのバラエティ番組『バナナマンの決断は金曜日!』(毎週金曜23:30~)。10月31日の放送では、バラエティ番組やミュージカルにも出演するなど、幅広い分野で才能を発揮し、大きな注目を集めている歌舞伎俳優・尾上松也をゲストに招き、知られざる下積み時代の苦悩をテレビ初告白する。

歌舞伎役者・六代目尾上松助の長男として誕生した松也は5歳で初舞台を踏む。しかし、代々続く歌舞伎の家柄ではなかった事もあり役に恵まれず、特に同世代ライバル・中村七之助の活躍ぶりには「彼は主役級の役をバンバンやっていましたから。かなりジェラシーがありました」と正直な思いを語る。

そして、松也が20歳のとき、家族に衝撃が走る。父が他界してしまい、突如、家族とお弟子さんを養う大黒柱として、松也1人で一門を背負わなければならなかったのだ。「妹がまだ中学生だったので、妹の学校のことも僕がしなきゃいけなくなって……」と借金をするほど生活は追い詰められていった。「今までのように、待っていてはチャンスをつかめない」そう考えた松也は状況を打破するために、公演にまつわる全てを自費で行う自主公演を始めることを決意。しかし、無名の松也が自主公演をする事に対して、多くの人に白い目で見られたと言い、「お客さんは半分以下だった」と苦しかった日々を振り返る。

その自主公演で大赤字を出し、さらに多額の借金を抱えた松也は、「ある夜、大泣きしながら家族と大切な友達と一門にメールで遺書を書きました」と、自殺も覚悟していたという驚くべき過去を語った。そんな追い詰められた状況から、松也はなぜ死を思いとどまり、どのようにしてどん底から這い上がったのか? その後の必死の努力と壮絶な苦労を今回、テレビで初告白する。

また、松也の3ヶ月ぶりの休日に番組のカメラが密着。松也は「以前からどうしても行きたかった」という大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで遊ぶことを決断。今、話題沸騰の「ハリー・ポッター」の人気アトラクションに乗って子どものように大はしゃぎし、キャラクターと写真を撮影する無邪気な姿を見せてくれる。テンションが上がって関西弁を連発する意外な素顔は必見。さらに、USJでは、長年親交のあるという「ある友人」も登場し、めったに聞けないプライベートトークを繰り広げる。

■『バナナマンの決断は金曜日!』
2014年10月31日(金)23:30~23:58(フジテレビ系列)
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top