東京・高円寺の老舗銭湯で繰り広げられる様々な人間模様とは?『ドキュメント72時間』

最新ニュース

人々が行き交う街角。そこに足をとめ、通りすがりの人に目を向けてみる。 カメラを据えて3日間、72時間を記録した番組『ドキュメント72時間』(NHK総合)。同じ空の下、同じ時代に、たまたま行き合わせた私たち。 みんな、どんな事情を抱え、どこへ行くのだろうか……。想像をはるかに超える、多様で生き生きとした、人々の「いま」が見えてくる。

10月31日(金)は「高円寺・何を求めて銭湯へ」と題し、高円寺で80年以上続く老舗銭湯に目を向ける。風呂無しアパートの若者から老人まで、様々な世代の人々が偶然同じ湯につかる銭湯。そこから見えてくるものとは?

東京の高円寺。純情商店街を抜けた路地に、古めかしい木造の建物が佇む。深夜2時まで開く老舗の銭湯だ。お湯につかるのは工事現場帰りの労働者や、安アパートに暮らし夢を追う若者。60年間通い続ける親子に、謎の長髪男子まで……。たまたま居合わせた老若男女が同じ湯で汗を流し、たわいもないことを話し、コーヒー牛乳を一気飲み。意気投合したら、向かいの居酒屋でちょっと一杯。都会から消えつつある、昔ながらの銭湯の物語をお届け。

■『ドキュメント72時間』
毎週金曜 22:55~23:20(NHK総合)
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top