三浦信輔の退職から一年、伊丹と芹沢のコンビに若き女性警部補が仲間入り!?『相棒season13』

最新ニュース

杉下右京(水谷豊)と甲斐享(成宮寛貴)が送る『相棒season13』(テレビ朝日系列)。11月5日放送の第4話では、三浦の退職から一年、若き女性警部補が伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)の仲間に加わる。久々の三人体制で身元不明女性の謎の墜落死事件を追うが実は女性警部補と墜落遺体には知られざる接点が……!?

[第4話のあらすじ]警視庁・捜査一課の伊丹(川原)と芹沢(山中)は、同僚だった三浦信輔の退職から一年が経ったある日、内村刑事部長(片桐竜次)からの突然の通達で、新しいメンバーに若き女性警部補の浅木真彩(原田夏希)を迎える。真彩は警察庁出向組のエリート。だが、二人での捜査にも慣れ、誰であろうと三浦の代わりが簡単に務まるはずがないと思う伊丹は、内心迷惑。淡々とした真彩の態度も気に入らないが、組織に準じ、真彩に促されるまま、共に捜査中の事件現場へと向かう。伊丹たちは、ビルの屋上から墜落死した女性の身元割り出し捜査を行っていた。当初は、ビル内の防犯カメラには屋上へ向かう女性一人の姿しか映っていなかったため自殺と考えられたが、遺書などが一切無く、事件の可能性を否定できずにいたのだ。ビルの屋上に三人が到着した時、そこには状況を聞きつけた特命係の杉下(水谷)と甲斐(成宮)の姿があった。二人は、防犯カメラの映像から導き出された女性の足取りが、最短距離ではなく遠回りしていることに着目し、既にその謎を解いていた。女性が墜落した夜間、まっすぐ屋上に向かうルートには閉じてしまうシャッターがあったのだ。女性がそれを知っていたとなれば、身元の手がかりになる。真彩は右京の推理に興味を抱くが、伊丹がそれを遮り、結局二組はいつも通り別々に捜査を続けることに……。

■『相棒season13』
2014年11月5日(水)21:00~21:54(テレビ朝日系列)

杉下右京 … 水谷豊
甲斐享  … 成宮寛貴
月本幸子 … 鈴木杏樹
伊丹憲一 … 川原和久
芹沢慶二 … 山中崇史
角田六郎 … 山西惇
米沢守  … 六角精児

関連リンク
[動画視聴]小澤征悦主演『TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部』全話配信中!
[動画視聴]『ドクターX 』遠藤憲一、怒濤の「御意!」が登場するシーズン2の動画をチェック
[動画視聴]仲間由紀恵『トリック新作スペシャル1~3』をまるっと配信中!
[画像]水谷豊&成宮寛貴、新シーズンは激動の予感!?『相棒』season13が始動!
公式サイト
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top