米国女子から悲鳴! イケメン歌手ハンター・ヘイズがアワードに彼女を同伴

最新ニュース

ハンター・ヘイズ-(C) Getty Images
  • ハンター・ヘイズ-(C) Getty Images
  • ハンター・ヘイズ-(C) Getty Images
  • ハンター・ヘイズ-(C) Getty Images
カントリー界のジャスティン・ビーバー的存在とも言われるイケメン歌手ハンター・ヘイズ(23)がThe CMAアワード(カントリー音楽協会賞)に彼女を同伴したと「HollywoodLife.com」が報じた。

加えてハンターはレッドカーペットにて彼女に関して、「実はとても素敵な彼女がいるんだ。ゴージャスだし、すごく優しくもあるんだよ」と語っており、彼女に完全に夢中な様子を見せている。

彼女はリビー・バーンズというメイクアップ・アーティスト兼ヘア・スタイリストで、年齢はハンターより2つ年上らしい。「J-14」によるとハンターとの交際は4か月になると報じられている。大きな目が印象的な美女で、イケメンのハンターとはとてもお似合いに見える。

今回の報道を受け、Twitterではハンターのファンたちが次のような悲しみの悲鳴を上げている。「ハンター・ヘイズに彼女? 私じゃないの?」、「もう泣きそうよ」、中には「彼女の匂いをかがせて。魅力的な香水が必要なのよ」などと呟いているファンもおり、ハンターの女性人気の高さが伺える。

容姿端麗のためこのようにアイドル的な扱いを受けることも多々あるハンターだが、実力派のカントリーアーティストでもある。女性ファンにとっては残念なニュースといえど、彼女との関係に刺激を受けてハンターがより良い音楽づくりをしてくれることを期待したい。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top