野村周平、祝・誕生日! ヘタレじゃない“ギャップ”ビジュアル到着『日々ロック』

映画

カッコイイ野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • カッコイイ野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • カッコイイ野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • カッコイイ野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • ヘタレな野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • ヘタレな野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • ヘタレな野村周平(日々沼拓郎)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • 二階堂ふみ(ロックver.宇田川咲)/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
  • 日々沼拓郎(野村周平)率いるザ・ロックンロールブラザーズ/『日々ロック』 -(C)榎屋克優/集英社-(C) 2014「日々ロック」製作委員会
若手俳優の野村周平が、ときには全裸で(?)“ロック魂”を歌い上げる主人公を演じる青春音楽エンターテイメント『日々ロック』。劇中では、終始ヘタレっぷりをみせているという野村さんだが、実は随所に「カッコイイ」と感じさせる瞬間があることが判明。本日11月14日(金)の野村さん21歳の誕生日に合わせ、アフロ姿でも予想外のカッコよさを見せる“ギャップ”場面写真がシネマカフェに到着した。

本作は「週刊ヤングジャンプ」連載中の榎屋克優による人気ロックコミックを、『ジョーカー・ゲーム』『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督が映画化。野村さんが演じるのは、金なし風呂なし彼女なし、ベースの草壁(前野朋哉)、ドラムの依田(岡本啓佑)と組んだバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”のボーカル、日々沼拓郎だ。

拓郎たちは高校卒業後にロックスターを共に目指して上京するが、住み込みで働くライヴハウスでは蹴り飛ばされ、踏まれ、罵倒される日々。ある日、ライヴ中に出会った人気トップアイドル・宇田川咲(二階堂ふみ)と出会い、乱闘騒ぎになるものの、男らしさの欠片も見せることができず負け戦で終わってしまう。

そんな拓郎の姿は、ダサく、情けなく、とことんヘタレ。だが、ひとつだけ誰にも負けないものがあった。それは、“ザ・ロックンロールブラザーズ”の歌を通して伝える、彼の “信念”(=ロック)。普段はヘタレでも、伝えなければならない想いが積もったとき、その歌を必要としている人がいるときこそ、彼は真のロッカーへと変身! “ロック魂”を込めて歌うその姿は、ヘタレとは無縁の“漢(おとこ)の中の漢”だったのだ。

入江監督は、オーディションでいきなり上着を脱いで歌い出した野村さんの姿をみて、“彼なら演じられる”と確信したという。過酷な撮影にも耐え抜き、見事、拓郎を演じ切った野村さんを「努力家」と手放しで絶賛している。

また、野村さん本人は「ひとつのものに熱くなれるのは似ているのかもしれないです」と演じた拓郎との共通点について触れながら、「拓郎の音楽で人を変えたいとか、ロックで気持ちを伝える熱い気持ちは、役を演じることによって映画で伝えたいって思うのと重なります」と明かしている。

見る人の心に響き、熱い想いを呼び起こさせる拓郎の力強い歌声。そして、予想外のギャップをみせる拓郎の姿に、あなたも思わず“キュン”としてしまうかも!?

『日々ロック』は11月22日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top