コリン・ファレル、母国アイルランドにおける同性婚の法制化要望に支持を表明

最新ニュース

コリン・ファレル-(C) Getty Images
  • コリン・ファレル-(C) Getty Images
  • コリン・ファレル-(C) Getty Images
  • コリン・ファレル-(C) Getty Images
  • コリン・ファレル-(C) Getty Images
コリン・ファレルが母国アイルランドでの同性婚の権利を求めるキャンペーンへの支援を表明している。

コリンには、同性愛者であることを公表している実兄・イーモンがいるが、イーモンはパートナーと法的に結婚するためにカナダに行った。コリンは「兄が結婚という夢を叶えるためにアイルランドを離れなければならないなんて、おかしい。公正さについて見直す時期だと思う」と語り、来年に予定されている住民投票への参加を呼びかけている。

コリンは12歳の頃に兄が同性愛者だと知ったという。兄が同じ年頃のほかの男の子たちとは違うことに気づいて、「驚いたのを覚えている」と語る。「不思議で、好奇心をかき立てられた。それまで聞いたこともなかったから。でも、不自然だとは思わなかった。兄は男の子が好きなんだ、と思っただけ。それが不自然だとは感じなかった」。

アイライナーを引いて通学して、いじめに遭っても堂々としていた兄を、コリンは誇りに思っているそうだ。アイルランドでは2015年上半期に同性同士の結婚を法的に認めるかどうか、住民投票が行なわれる予定だ。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top