高倉健さん追悼特別企画、最期の映画出演作品となった『あなたへ』を日曜洋画劇場で緊急放送

最新ニュース

11月10日、悪性リンパ腫のため83歳でこの世を去った高倉健さん。追悼番組として高倉さんの最期の主演作となった『あなたへ』を、11月23日(日)放送の日曜洋画劇場(テレビ朝日系列)で緊急放送することが決定した。

半世紀を超える俳優人生で205本にのぼる映画に出演してきた高倉さん。その高倉さんにとって本作は、「単騎、千里を走る。」以来となる6年ぶりの映画出演作となった。監督は高倉さんとは今回で20本目のタッグとなる降旗康男。市古聖智の原案を脚本家・青島武とともに再構築し、練り上げたオリジナルストーリーを映像化した。そんな降旗監督が高倉さん演じる一人の男の一期一会1200kmの旅をワンカット、ワンカット慈しむように撮影。夫婦の愛と様々な人々の人生を丁寧につづり、珠玉の感動作に仕上げている。

亡くなった妻から“遺言”として夫に届けられた絵手紙。そこには「故郷の海へ散骨してほしい」という、今まで知らされることのなかった妻の想いが知らされていた。そして、もう一通の手紙は妻の故郷・長崎の郵便局の局留めとして届けられているという。夫はその妻の真意を知るために、遺骨を持って長崎への旅に出る。富山から始まり、飛騨高山、大阪、瀬戸内、北九州、門司、そして長崎県平戸市の漁港・薄香へ…。旅情あふれる風光明媚な地で、夫は様々な人と出会い、それぞれの人生を知ることに。そんな旅は妻の愛情の深さに気付かされる旅となっていく……。

出演は主人公の夫・倉島英二に高倉さん、亡き妻・洋子に田中裕子。夫婦の出会いから愛情あふれる日々の生活が回想シーンとして描かれる。夫が旅先で出会う人々として、佐藤浩市、草彅剛、余貴美子、綾瀬はるか、三浦貴大、大滝秀治、そしてビートたけしと豪華な顔ぶれが登場。芸達者たちが高倉さんと味わい深いシーンを演出していますが、そんなシーンの積み重ねは高倉さんの長い俳優人生の集大成にも見えてくる。なお、2012年10月に亡くなった大滝にとっても最後の映画出演となった。

■日曜洋画劇場 高倉健さん 追悼特別企画『あなたへ 』
2014年11月23日(日) 21:00~23:10(テレビ朝日系列)

【キャスト・スタッフ】
 高倉健/
 田中裕子、草なぎ剛、余貴美子、綾瀬はるか、三浦貴大/
 大滝秀治、長塚京三、原田美枝子、浅野忠信/
 ビートたけし/
【監督】降旗康男

関連リンク
■高倉健がモントリオール世界映画祭に出席!スタンディングオベーションに思わず涙!
■高倉健「なぜだか涙が出ました!」6年ぶりの主演作「あなたへ」刑務所での異例な舞台挨拶に出席!>>
■高倉健主演作「あなたへ」が世界映画祭でエキュメニカル審査員賞特別賞を受賞!
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top