【NZホビット・ツアー】ファンタジーの世界を堪能! キュートなホビット庄に潜入・前半

映画

ホビット庄-(C) “Hobbiton Movie Set Tours” for Hobbiton
  • ホビット庄-(C) “Hobbiton Movie Set Tours” for Hobbiton
  • ホビット庄-(C) “Hobbiton Movie Set Tours” for Hobbiton
  • ホビット庄
  • ホビット庄-(C) “Hobbiton Movie Set Tours” for Hobbiton
  • はちみつ屋/ホビット庄
  • ホビット庄
  • ホビット庄
  • ホビット庄
アカデミー賞11部門の史上最多受賞に輝くピーター・ジャクソン監督が贈る、アクション・アドベンチャー超大作『ホビット』シリーズ。『ロード・オブ・ザ・リング』から続く13年間に及ぶサーガの完結編となる『ホビット 決戦のゆくえ』が12月13日(土)より公開となる。

シネマカフェでは、本作を手がけてきたピーター・ジャクソン監督が描くファンタジーの世界に潜入すべくニュージーランドのロケ地巡りを敢行! 今回は、ニュージーランドに行ったら必ず見ておきたい世界初、ファンが楽しめるムービーセット“Hobbiton=ホビット庄”のツアーを前半・後半に分けてご紹介! 

国内最大の都市オークランドから車で2時間半ほどのホビット庄に到着し、まず初めに通るのは『ロード・オブ・ザ・リング』第一部の冒頭でガンダルフとフロドが馬車で通る道。その道を通り抜けるとホビットの住む家があり、それぞれのドアの前には、魚が置いてあったり、果物があったり、畑があったり…ここの家は魚屋、はちみつ屋、大工などホビットの生活を考えながら住居が作られている。

マーティン・フリーマン演じる主人公・ビルボや、『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド扮するフロド、付き人として旅を共にしてきたサムなどホビットたちは、身長が2~4フィート(60~121cm)のため、ガンダルフらと並ぶととても小さく見えるのが印象的。この村にはガンダルフが大きく見えるように、100%のスケール(ホビット用)のホビット穴や、60%(ガンダルフ用)のホビット穴などがある。ジャクソン監督は、それを交えながら撮影し、登場人物の大きさを表現したのだ。多くのホビット穴は、外観や扉だけで室内の撮影はスタジオで行われた。中には何もないがいくつかのホビット穴はドアを開けて中に入ることも 可能だ。

一目瞭然といっても過言ではない立派なホビット穴は、ビルボとフロドの家。特別に許可をもらい玄関から奥を覗いてみた。この家には廊下の入 り口あたりまで内装が施されており、袋小路屋敷の奥へつながる様子がきちんと映るように工夫されている。その屋敷の上にある木はセット内で唯一の人工の木だが、木の皮や質感がよく再現されている。44戸あるホビット穴のうち、実寸で作られているのは『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』のラストに登場するサムの家。サムの嫁・ローズが黄色い扉から出てきてサムを迎える感動的なシーンだ。

さらに歩いていくと、樹齢100年というパーティーツリーが目に入る。これは『ロード・オブ・ザ・リング』1部でビルボの誕生日会をした場所。ここでは、フロドの友達・メリーとピピンが、パーティーツリーと袋小路の間に設置されたテントに潜り込んで、盗んだ花火に火をつけ、テントが空中に吹き飛ばされるというシーンが印象的だろう。

それから粉引き場を過ぎ、緑竜館に入ると英国風エール、アップルサイダーやジンジャービアなどを楽しむことができ、食欲旺盛なホビットたちが好むご馳走を再現した食べきれない数の料理も用意され、ホビットになった気分でがむしゃらに食べるのも良し、中にある暖炉で仲間たちと語り合うのも良し、自由に休憩することができる。

後半では、今年から始まったナイトツアーを中心にお届けします!

ホビトン・ムービー・セット・ツアーズ概要はこちらから
http://www.newzealand.com/jp/plan/business/hobbiton-movie-set-tours/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top