ゾーイ・サルダナ、映画界の男女平等を訴える「スーパーヒーローを演じる女性が必要」

最新ニュース

ゾーイ・サルダナ-(C) Getty Images
  • ゾーイ・サルダナ-(C) Getty Images
  • 「アメリカン・ミュージック・アワード」ゾーイ・サルダナ-(C) Getty Images
  • ゾーイ・サルダナ-(C) Getty Images
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などの出演で知られる女優ゾーイ・サルダナ。同作品ではタフな女戦士・ガモーラを演じたゾーイだが、彼女はアクション映画にももっと女性が増えるべきと考えているという。

「E!Online」によると、ゾーイはテレビ番組「Untold With Maria Menounos」にて「女性が必要なのよ。アクションも出来る女性キャストっていうのはどうかしら?」と語ったという。

また彼女は、裸になることに関して男女間で大きな違いがあることに対しても苦言を呈している。女性が胸やお尻を見せてもPG-13指定の範囲内で済むのに、男性の裸はそうではないのだ。ゾーイはこのことに関して笑いながら、「私たちがペニスを見られるようなラブ・シーンが欲しいわよね」と語る。

ゾーイは業界の女性たちが良い役を貰うため、また映画界での男女平等のために“もっと戦うべき”と考えているようだ。ゾーイの提唱する強い女性ヒーローを始めとして、性によってイメージが固定されたりしない多様なキャラクターが映画にもっと増えてほしいものだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top