デヴィッド・フィンチャー、『ゴーン・ガール』でキャリア最高の世界興収を更新

映画

『ゴーン・ガール』-(C) 2014 Twentieth Century Fox
  • 『ゴーン・ガール』-(C) 2014 Twentieth Century Fox
  • デヴィッド・フィンチャー(右)&ベン・アフレック/『ゴーン・ガール』-(C) 2014 Twentieth Century Fox
  • 『ゴーン・ガール』(C)2014 Twentieth Century Fox
  • 『ゴーン・ガール』(C)2014 Twentieth Century Fox
  • 『ゴーン・ガール』(C)2014 Twentieth Century Fox
  • 『ゴーン・ガール』ポスター (C)2014 Twentieth Century Fox
ルーニー・マーラにアカデミー賞「主演女優賞」ノミネートをもたらした『ドラゴン・タトゥーの女』から3年。世界中の映画ファン待望のデヴィッド・フィンチャー監督最新作『ゴーン・ガール』が、このほど、12月12日の日本公開を前に、これまでの『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を抜いて監督自身キャリア最高となる全世界興行収入を記録。監督から、喜びのコメントが到着した。

本作は、ベン・アフレックとロザムンド・パイクが初共演で演じる、結婚5周年の記念日に失踪事件を起こした、ある夫婦の物語。アメリカで600万冊以上を売り上げ、「NYタイムズ」ベストセラーランキング第1位を記録したギリアン・フリンによる小説の映画化で、脚本もフリン自身が手掛けている。

先日、賞レースの幕開けとなるハリウッド・フィルム・アワードでは、「作品賞」と共にフリンが「脚本賞」を受賞するなど3部門を受賞し、今後はアカデミー賞受賞への注目が集まっている。

受賞の影響もあってか、全米では公開9週目となる先週末も、TOP10圏内をキープ。そして今回、日本とイタリア(12月18日より)の公開を待たずして、全世界の興行収入累計が、フィンチャー監督のこれまでの最高記録『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の3億3,390万ドルを超え、3億3,470万ドルとなり、監督しては最高記録を達成した。

脚本を担当したフリンは、本作について「デヴィッドが監督してくれたら良いのに、と思っていたから、デヴィッドが監督に決まって本当に良かったと思ったの」と言う。彼女の無慈悲なまでの洞察力とフィンチャー監督の圧倒的なストーリーテリングが相乗効果を生み、ダーク・ユーモアが随所に散りばめられた本作を作り上げた“共犯者”として、監督を絶賛。

また、全米メディアも、「『ゴーン・ガール』はこれ以上ないほどすごい」(ケネス・チューラン / LA TIMES)、「おもいきり楽しんだ。フィンチャーの最高傑作。それ以上言いようがない。衝撃を覚悟して」(ジョシュ・ロスコプフ / TIME OUT NEW YORK)「デヴィッド・フィンチャーが『ゴーン・ガール』でオスカーに爆弾投下」(HITFIX)など、早くもアカデミー賞の本命として名指しするほど。

そんな本作が自身のキャリア最高の全世界興収を挙げたことについて、フィンチャー監督は「作ろうと思っていた映画を作ることができたと思っているから、たくさんの人たちが映画を観に行ってくれて嬉しいよ。僕らが映画を作って、人々がそれを見たいと思うのは、嬉しいからね」と満足気。

そして、公開が待たれる日本のファンに「出来るだけ何も知らずに劇場へ行くのをオススメするよ。デートにも相応しいと思うよ。だって、もし僕がデートでこの映画を観に行ったら、楽しいと思う。この映画の内容を巡って、相手と楽しい小競り合いになると思うからね」と、やや意味深なメッセージを送った。

現代映画界きっての鬼才が贈る、サイコ・スリラーの大傑作。あなたもぜひその世界観にハマってみて。

デヴィッド・フィンチャー監督作
『ゴーン・ガール』 全米興収$160.8M 全世界興収$334.7M
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 $127,509,326 $333.9
『セブン』 $100,125,643 $327.3
『ドラゴン・タトゥーの女』 $102,515,793 $232.6
『ソーシャル・ネットワーク』 $96,962,684 $224.9
『パニック・ルーム』 $96,397,334 $196.4
『エイリアン3』 $55,473,545 $159.8
『ゲーム』  $48,323,648 $109.4
『ファイト・クラブ』 $37,030,102 $100.9
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top