テレビ史上初!?ハウス加賀谷主演、統合失調症×ダウン症のハートフルコメディが誕生!『バリバラ~障害者情報バラエティー~』

最新ニュース

バリバラ=バリアフリーバラエティー! 恋愛、仕事から、スポーツ、アートにいたるまで、 日常生活のあらゆるジャンルについて、 障害者が「本当に必要な情報」を楽しく届ける番組『バリバラ』(NHK Eテレ)。12月5日(金)は、障害者週間(12月3日~9日)にあわせて、特集ドラマ「悪夢」を放送する。

主演は、お笑い芸人のハウス加賀谷。彼自身、12歳の時に統合失調症を発症し、入退院を繰り返してきた経歴を持っており、ストーリーには、彼の実体験があちこちにちりばめられている。友人役にはダウン症のタレント・あべけん太。おっぱい大好きけん太が、彼のお茶目な人柄そのままに、主人公を勇気づけていく。また、バリバラファミリーを自称する実力派俳優のカンニング竹山(店主役)と杉田かおる(母親役)が、脇を固める。シロイヒト=「幻覚」を表現する、劇団「大駱駝館」の動きにも注目だ。

幻覚のため、どこにも雇ってもらえず葛藤する統合失調症の男性が、さまざまな障害のある人たちとの交流を通して、自分の障害を受容していく過程をコメディータッチに描いたドラマだ。衝撃(笑撃!?)のラストもお見のがしなく!

【あらすじ】
統合失調症の真(ハウス加賀谷)は、シロイヒトの幻覚に襲われ、働く事が出来ない上、ひたすら病気を隠しているため友だちも作れない。ある時、真は障害者だらけのラウンジ「悪夢」を訪れる。そこには、全盲、ろう、脳性まひ、難病など、さまざまな障害者が集い、飲み、歌い、踊り、みんな楽しんでいる。自分の障害を隠そうとする真は、最初はなじめないでいるが、女主人の紗江(片山真理)とダウン症のバーテンダー光司(あべけん太)と出会い、次第に、その世界に魅了されていく。

そんな時、謎の男(桂福点)が現れ、真に「幻覚を消せる果実がある。ただし記憶がなくなる」という究極の選択を迫る。ラウンジの仲間にも相談するが、「食べるべきだ」「障害も含めておまえの個性だろ」「だまされている」「障害がなかったらいろんなことができる」いろいろな意見が噴出。悩んだ末、真が選択した道とは……。

■『バリバラ』
毎週金曜 21:00~(NHK Eテレ)

テレビ史上初!?ハウス加賀谷主演、統合失調症×ダウン症のハートフルコメディが誕生!『バリバラ〜障害者情報バラエティー〜』

《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top