一連の事件の真相に迫りつつあった平四郎だが…木曜時代劇『ぼんくら』最終回

最新ニュース

俳優の岸谷五朗が11年ぶりにNHK時代劇で主演を務める木曜時代劇『ぼんくら』(NHK総合)は、人気作家・宮部みゆきの時代ミステリーの代表作「ぼんくら」を、連続ドラマとして初めて映像化したもの。主人公は、周囲から“ぼんくら”扱いされている同心・井筒平四郎。深川鉄瓶長屋を舞台に展開する不可解な事件を解明する人情時代劇ミステリードラマだが、いよいよ12月18日(木)に最終回を迎える。

第10話「さよなら鉄瓶長屋」のあらすじは――
一連の事件の真相に迫りつつあった平四郎(岸谷五朗)であったが、八百富の床下に葵(佐藤江梨子)の遺体が埋まっているという予想ははずれ、八方塞がりとなっていた。そこへ、今まで身をくらましていた元差配人の久兵衛(志賀廣太郎)が訪ねてくる。九兵衛は湊屋総右衛門(鶴見辰吾)と会ってほしいと切り出す。いよいよ疑惑の本丸である総右衛門との対面を果たす平四郎。そこで語られた真相は壮大だが虚しい事情をはらんでいた。

■木曜時代劇『ぼんくら』(NHK総合)
毎週木曜 20:00~20:43

【原作】宮部みゆき「ぼんくら」
【脚本】尾西兼一 ほか
【出演】岸谷五朗、奥貫薫、風間俊介、六平直政、志賀廣太郎、大杉漣、松坂慶子 ほか
【演出】吉川一義、酒井信行、真鍋斎
【制作統括】白石統一郎(C・A・L)、真鍋斎(NHKエンタープライズ)、原林麻奈(NHK)

関連リンク
岸谷五朗がNHK時代劇に11年ぶりの主演!木曜時代劇『ぼんくら』
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top