環境にも、肌にもやさしい新発想のラッシュのシャンプーバーに新6アイテム登場!

最新ニュース

ラッシュの固形タイプのシャンプー「シャンプーバー」は、ごみを削減して環境にやさしいパッケージ。水分量が少なくて済む新しい髪と頭皮ケアを提案。
  • ラッシュの固形タイプのシャンプー「シャンプーバー」は、ごみを削減して環境にやさしいパッケージ。水分量が少なくて済む新しい髪と頭皮ケアを提案。
  • ブラジル原産の保湿力の高いアンディローバオイルが配合された「ブラジリアント」。
  • カラーリングした髪をケアするコーヒーとヘナ配合の「コッパーヘッド」。
  • 髪にボリュームを与える甘いハチミツの香りの「ハニー アイ ウォッシュド マイ ヘアー」。
  • アルガンオイルたっぷりの「ロウィーナ・バード シャンプーバー」(12月26日(金)より発売)
  • フレッシュなレモンがツヤと輝きをもたらす「モンタルバーノ」。
  • アーモンドやオートミールなどの自然由来の原料で頭皮にやさしくアプローチする「ララバイ シャンプーバー」。
新鮮でオーガニックな素材を原料に、カラフルなバスボムを始め、石鹸、ヘアケア、スキンケアアイテムなど、ユニークでオリジナリティのある数々のアイテムを提供しているイギリス発のフレッシュハンドメイドコスメ「LUSH(ラッシュ)」から、新しい髪と頭皮のケアを提案する固形タイプのシャンプー「シャンプーバー」に6アイテムが新登場した。

「ラッシュ」は、今年10月、持続可能な未来を目指して、100%自然エネルギーで運営される初の野外イベントを開催するなど、コスメブランドとしてスキンケア効果の高い魅力的なアイテムを提供するだけでなく、製品づくりの過程で環境問題に対する取り組みや化粧品の動物実験に反対するなど、エシカルなポリシーを掲げ、エコフレンドリーな製品づくりを実践していることでも知られる。

12月1日(月)に新たに6商品がラインナップした「シャンプーバー」は、形状を固形にすることで、一般的なリキッドシャンプーに必要なボトル容器の削減に成功するほか、11月中旬より包装用のパッケージを排除したネイキッド販売を順次開始することで、プラスチックごみを減らす試みを行っている。今回のネイキッド販売により、シャンプーバーの全製造量で試算した場合の年間想定削減量は120kgに及ぶという。

ごみを削減して環境にやさしいだけでなく、水分量が少なくて済むシャンプーバーは細菌の発生をおさえることができるため、合成保存料を使用しなくて済むというメリットが生まれ、肌にとってもやさしい処方が可能になった。

今回新登場のアイテムには、ブラジル原産の保湿力の高いアンディローバオイルが配合された「ブラジリアント」、カラーリングした髪をケアするコーヒーとヘナ配合の「コッパーヘッド」、髪にボリュームを与える甘いハチミツの香りの「ハニー アイ ウォッシュド マイ ヘアー」、アーモンドやオートミールなどの自然由来の原料で頭皮にやさしくアプローチする「ララバイ シャンプーバー」、フレッシュなレモンがツヤと輝きをもたらす「モンタルバーノ」、アルガンオイルたっぷりの「ロウィーナ・バード シャンプーバー」(12月26日より発売)の6アイテムがラインナップ。

フレッシュなフルーツや植物、エッセンシャルオイルといった自然の恵みが活かされ、乾燥しがちな冬場の髪をケア。いずれも55g、950円で、12月1日より順次発売中。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top