休養中の浅田真央、スケートに対する思いの変化明かす「ジャンプの調子上がった」

最新ニュース

スケートへの想いを語った、浅田真央/「クリスマス・チョコツリー」点灯式
  • スケートへの想いを語った、浅田真央/「クリスマス・チョコツリー」点灯式
  • スケートへの想いを語った、浅田真央/「クリスマス・チョコツリー」点灯式
  • スケートへの想いを語った、浅田真央/「クリスマス・チョコツリー」点灯式
  • スケートへの想いを語った、浅田真央/「クリスマス・チョコツリー」点灯式
  • スケートへの想いを語った、浅田真央/「クリスマス・チョコツリー」点灯式
  • スケートへの想いを語った、浅田真央/「クリスマス・チョコツリー」点灯式
  • スケートへの想いを語った、浅田真央/「クリスマス・チョコツリー」点灯式
  • スケートへの想いを語った、浅田真央/「クリスマス・チョコツリー」点灯式
女子フィギュアスケート選手で休養中の浅田真央が12月18日(木)、東京都内で自身プロデュースの「クリスマス・チョコツリー」点灯式に出席。1年間の競技生活休養を発表してから約7か月経った現在の赤裸々な思いを語った。

今年5月の休養発表会見で進退を尋ねられて答えた「ハーフハーフ」が新語・流行語大賞にノミネートされたが、浅田さんは「会見の時は、やるか分からないという意味を込めて『ハーフハーフ』と言ったけれど、それから数か月経って練習中のジャンプの調子も上がってきて…より一層『ハーフハーフ』の気持ちが強くなった」と当時に比べてより進退を意識している様子。

それでも、スケートに対する思いを聞かれると「オリンピックが終わってからは続けていきたいという気持ちがなかったけれど、数か月経ってみて、スケートが好きだし、スケートと共に成長してきた私なので、共に歩んでいこうと思っています」と心境の変化を明かした。

また休養後初のクリスマスを迎える浅田さんは「予定は特に決まってないです。何もないです」と笑顔を浮かべながら、「毎年この時期に試合があるので気持ち的に試合モードだけれど、今年は試合に出ないということでリラックスした気持ちですね」と新鮮な面持ち。ただ12月21日(日)からは「クリスマス・オン・アイス2014」への出演も予定されていることから「ショーには出演するので、今年も滑るんだという気持ちです」と話していた。

浅田さんプロデュースのチョコ・ツリーは、品川プリンスホテルにて12月25日(木)まで展示される。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top