ジェニファー・アニストン、下積み時代にウエイトレスをしていたレストランを訪れる

最新ニュース

ジェニファー・アニストン -(C) Getty Images
  • ジェニファー・アニストン -(C) Getty Images
  • ジェニファー・アニストン -(C) Getty Images
  • ジェニファー・アニストン -(C) Getty Images
女優ジェニファー・アニストンが12月16日(現地時間)、過去に自身がウエイトレスをしていたニューヨークのダイナーを訪れたと「US Weekly」が報じた。

マンハッタン・アッパーウェストサイドの「ジャクソン・ホール・バーガーズ」というレストランで、ジェニファーが女優としてのキャリアが初期段階の時に働いていた場所だという。ジェニファーは12月1日「The Queen Latifah Show」にてそこでの仕事経験について以下のように語っていた。

「ボスがたくさんいたのよ」「ちなみに最高のバーガーよ。そこでは2年半働いたんだけど、みんなとても良くしてくれたわ」。

またあるひとりのボスについて、「私が卑劣にも13番ストリートを軽視したり、自分が素晴らしいと思った仕事を得た時、彼はいつも2、3か月の時間をくれたわ。そして戻ることを許してくれたの。私の職場はいつでもあの場所だったわ」と語り、寛容さへの感謝の気持ちを表した。

ジェニファーは自分のルーツに里帰りを果たせたようだ。どんなスターにも下積み時代はあるものだ。過去にレストランの人々のサポートがあってこそ、ジェニファーの現在の成功があるのだろう。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top