妻夫木聡、レッドソックス上原投手のサプライズ登場に「ビックリした!」

最新ニュース

妻夫木聡&「ボストン・レッドソックス」上原浩治選手/『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶
  • 妻夫木聡&「ボストン・レッドソックス」上原浩治選手/『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶
  • 妻夫木聡&「ボストン・レッドソックス」上原浩治選手/『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶
  • 妻夫木聡/『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶
  • 石井裕也(監督)/『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶
  • 妻夫木聡/『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶
  • 「ボストン・レッドソックス」上原浩治選手/『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶
  • 妻夫木聡&「ボストン・レッドソックス」上原浩治選手&石井裕也(監督)/『バンクーバーの朝日』ティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶
1月12日(月・祝)、俳優の妻夫木聡が、石井裕也監督と共に『バンクーバーの朝日』のティーチイン付き大ヒット御礼舞台挨拶に登壇。サプライズゲストとして客席に紛れていた「ボストン・レッドソックス」の上原浩治選手から質問を受け、レッドソックスのユニフォームを贈られると、袖を通して上原さんと握手をし「なんか契約したみたい」と喜びを爆発させた。

戦前に実在した日系カナダ移民たちによる野球チーム「バンクーバー朝日」の活躍と、彼らをとりまく差別の現実を描いた『バンクーバーの朝日』は、昨年12月20日の公開から今年1月10日までのおよそ3週間で、87万人の観客動員の大ヒットを記録。この日は、観客の質問に直接、登壇者が答えるティーチイン形式での舞台挨拶が行われた。

このイベントのオファーを4日前に受け「野球の宣伝のためにもいいと思って快く受けた」という上原さんは、3人目の質問者として「そこのマスクをしている男性の方」と司会者から指名されると、「ボストンから来ました上原です」と自己紹介。

「えっ! ビックリした!」と驚く妻夫木さんに「野球はほぼ素人だと聞きましたが、映画の中ですごく上手でした。どのような練習をしたのですか?」、興奮を隠せない石井監督には「ヤンキースとボストン、どちらが好きですか?」と質問し、会場を驚きに包んだ。

これに妻夫木さんは「指導の先生に教えてもらいました。ボコボコした石垣にボールを投げると、どこに返ってくるか分からないので、それを捕るという自主練もしていました」と回答。それに対し、「ちゃんと野球の形になっていたので、もしかしたら僕も活かせるんじゃないかと思って聞いたんですが、実際にやっている人が多い練習方法でした。僕らは(凸凹の壁じゃなく)凸凹のボールを使うんです」と上原さん。

そして、ヤンキースでもボストンでもなく「上原さんが好きです!」と答えた石井監督は、「2013年のポストシーズンでマウンドに向かう時の上原さんの表情が大好き。あの時の気持ちは?」と通な質問を返し、「『ここを抑えたら目立つかな』という気持ちでマウンドに上がる時って結構あるんですよ。それで抑えたら『あ、次の日の新聞ちょっと買おうかな』と思うんですけど、それで載ってなかったら結構ショックですね」という上原さんの答えに一同爆笑となった。

さらに、妻夫木さんが「生涯メジャーで? 日本に帰ってくる気は?」「監督をいずれやってみたい?」「野球は楽しい?」と次々と質問を投げかけると、上原さんは「声がかかれば考えるけど、今のところはメジャーで」「アマチュアを教えてみたいという気持ちはあるので、高校や大学の監督はやってみたいけど、プロは教えることがないから」「楽しいですね。年をとればとるほど、すごく今、楽しくなってきている」と回答。

その言葉の一つ一つを嬉しそうに聞いていた妻夫木さんから最後に「僕も役者はすごく楽しくて天職だと思っているけど、年をとればとるほど、悩むことも多くなった。そういうことはないですか?」と質問を受けると、「20代後半や30代前半に僕も危ない時期があった。役者の方はこれから何十年とまだまだあるけど、僕らの世界では、正直僕も先が見えているので、だから逆に楽しいと思えるのかもしれないですね」と答え、深い感銘を与えていた。

『バンクーバーの朝日』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top