「ボーズ」、日本の伝統美に着目したのヘッドホンを発売

最新ニュース

ボーズのノイズ・キャンセリング・ヘッドホン ジャパン・コンセプト・モデル「MAKI-E」。43,200円。
  • ボーズのノイズ・キャンセリング・ヘッドホン ジャパン・コンセプト・モデル「MAKI-E」。43,200円。
  • ボーズのノイズ・キャンセリング・ヘッドホン ジャパン・コンセプト・モデル「SUMI」。43,200円。
アメリカのオーディオメーカー「ボーズ(Bose)」が、“MAKI-E(蒔絵)”と“SUMI(墨)”という日本の伝統的な色彩に着目した、日本のみの限定プレミアムモデルのノイズキャンセリング・ヘッドホン2種を3月10日(火)より発売スタートする。

ボーズを代表する製品のひとつであるノイズ・キャンセリング・ヘッドホンは、同社が発明し、30年以上をかけて進化させてきたノイズキャンセリング・テクノロジーを搭載し、最高の消音性能を実現したアイテム。たとえば、街中や空港の雑踏の中で、信号機の音やアンアウンスといった必要な音源はちゃんと聞こえていながら、車の行き交う騒音や人々の話声といったノイズはしっかりと消して、騒音が激しい場所でもクリアなサウンドを楽しめる。ノイズキャンセリング機能は、ミュージックライフのクオリティを確実にランクアップさせてくれるマストアイテムのひとつだ。

今回、日本限定・数量限定で発売されるジャパン・コンセプトモデルの2種は、日本の伝統的な色彩に着目したこれまでにないデザイン。

奈良時代に始まったとされる日本を代表する漆工芸「蒔絵」からインスピレーションを得て、シックで洗練された佇まいを醸し出す漆黒をベースに、インナーヘッドバンドに配されたゴールドや、イヤーカップのマットな白銀色がアクセントになった「MAKI-E」。

古くから筆記材料として使われてきた「墨」をモチーフに、墨の持つ独特の奥ゆかしい美しさを追求し、一切の華飾をそぎ落とし、黒の諧調の濃淡と、グロスとマットを組み合わせた質感のみで墨の持つ力と繊細さを表現したミニマルなデザインに仕上がった「SUMI」。

日本の洗練された美意識を感じさせる本アイテムは、周囲に自慢できる限定感にあふれている。「MAKI-E」「SUMI」ともに価格は、43,200円。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top